INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

映画「鬼滅の刃」は、感染拡大の現在も上映を続けるべきだろうか?

別に奇をてらってるわけでも逆説的な論法をしてるでもなく…いや最初は半分ジョークで言ってたんだけどね(笑)、今このようにブクマしたら、それなりのスターなどいただいている。

「日本は緩和のスピードが早過ぎた」 データ分析の専門家が考える今回の流行の理由

鬼滅の刃が観客動員記録を作る状況はまずいですよね?/上映中止すべきですね?」と、質問振ってくれないかな。映画館クラスタの発生報告はなくても『移動がいい筈がない』からは結論が容易に推測できるが。

2020/11/27 09:25
b.hatena.ne.jp

この記事にね。引用した該当部分はここ

経済と感染対策の両立は?「感染予防の観点からは移動していいはずがない」
経済と感染予防の両立という要請が、政策的に感染を抑制する手段をないがしろにしてしまっていた。

緩和のスピードがすごく早かったので、第2波が来るのもすごく早かったですし、第3波もすごく早く来ています。それに対してはもうちょっと専門家がアドバイスできないといけなかったのかなと思っています。

GoToトラベルに関しては、今週、(どんな対策が打たれていくか)しっかり見極める必要がありますけれども…(略)…移動していいはずはないのです。

www.buzzfeed.com


移動していい筈はない、とは旅行とか県外をまたぐ出張とかもそうだろうけど、自宅を出て映画館に行く、ことも移動だろう。その帰りに外食やお茶を外で喫する人も一部は確実に、いるだろうし。



この話、10月末から言ってはいますな、われながら

映画「鬼滅の刃」大ヒットの裏でポップコーン業者が悲鳴「潰れるかもしれない…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

そもそも論だけど、コロナ拡大を防ぐなら映画館の営業はまだ見合わせるのが最善手なのであります(正論)

2020/10/28 23:24
b.hatena.ne.jp

わはは、書いてる書いてる。

Go Toとコロナ第3波、本当に関係があるのか? 現状ではデータ収集・分析、公表が不十分(1/4) | JBpress(Japan Business Press)

疑わしきは「鬼滅の刃」上映中止(じゃねえよ)

2020/11/16 03:28
b.hatena.ne.jp



東京都 新型コロナ 最多の493人感染確認 8月1日の472人上回る | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース

まったくもって、「鬼滅の刃」の公開を(後略)

2020/11/19 02:21
b.hatena.ne.jp



あ、この記事でも最後の行をそれで〆てる。
m-dojo.hatenadiary.com


というか、最初の公開段階で、コロナと絡めて論じてましたよ(この最初の記事、忘れてた)

m-dojo.hatenadiary.com
して、逆に言うとまだロックダウンというか、さまざまな外出制限や営業規制もある国々が世界で多い現状を見るに


「2020年秋、映画『鬼滅の刃』に大観衆・大人気、大興行成績…という社会現象は、結果的には自民党公明党政権、そして安倍政権~菅政権と継承された政策の基本路線と、それを選んだ政治決断によって生まれたものである」
(略)
100年後の歴史教科書に、「この時代の政権は、 GOTOトラベル、GOTOイート、そして「鬼滅の刃」公開が可能な状況(映画館営業)を認めるという、天下の愚策を行った」と、鬼滅の刃のイラスト付きで掲載される世界線もあり得るんですよ(笑)

映画『鬼滅の刃 無限列車編』初週の興行数値が全世界の週末興行数値を上回ったとNYタイムズが報じる「すごい」「海外は絶望的...」 - Togetter

この事実関係だけ再確認しよう。『20年秋、映画『鬼滅の刃』の大動員は経済活動再開を進める自公政権の政治決断で生まれた』<a href="https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/2020/10/18/031358" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/2020/10/18/031358</a> と。勿論、これで感染拡大すれば政権の責任。

2020/10/22 03:28
b.hatena.ne.jp




とはいえ、まったく本気に、真剣に訴えるつもりは当時もとよりなく、このへんはギャグが混じってたことも率直にみとめる。



で、今現在だ。

とくにGO TO トラベル に関して、実際に増えてる原因となるより「きっかけになった」とか「出歩いていいんだというアナウンス、雰囲気作りになっている」という指摘があった。


ならば鬼滅の刃」が映画館で上映され、歴代興行記録を打ち破るメガヒットをしている……という事実と、それを肯定的に報じる報道・論評は「出歩いてもいいんだという雰囲気づくり」という面からは、同じような効用(悪影響)はないか?


とはいえ。
実際に、映画館で感染が拡大した、というようなエビデンスも、今のところ効いていない。ただ「外にそれだけ出歩くんじゃ、拡大に関与してないわけないだろう」みたいな印象論、これも間違いだろうか。


というか、ぶっちゃけ「コロナ感染拡大防止のため映画『鬼滅の刃』上映中止」はあり?なし?・・・・・・・自分は、まだそこまではやらないでいいかなあ、というのが結論ですが。





まあ、それ以上に1か月あとは、「大晦日年越しイベント」もいろいろと準備が進んでいるわけだが・・・・・ふたたびRIZINは、無観客でやるなんて形もあるのか…


そして「ドラマ撮影を、感染防止の観点からふたたび一時中断しました」「12月は第一波のときのように、一度放送した番組の傑作選を放送します」なんて措置を行ったテレビ局の情報も、いまのところきいていない。

追記1

このように、日本国の将来を憂いて社会の在り方に鋭い提言をしているのに、はてなアルゴリズムが選んだ『関連記事』の筆頭がこれでぶちこわしだよ(笑)(※28日午前8時現在、位置は変化したようです)

m-dojo.hatenadiary.com



追記2 Poetさんのコメント

Poet

ちょうど、連休中に鬼滅の刃を見てきたので、マジレスしちゃいますが、映画館は天井が高く、
隣席を空けると、かなり他の人からの距離が取れ、何より、上映中に限らず会話がほとんどない
ので、全く危険性は感じませんでした。
屋外のスポーツイベントも同様だと思うけど、叫んだり、列で並んだりする違いがあるかも。
鬼滅は入場者数が多いけど、スクリーン数が無茶苦茶多くて上映時間がずらしてあるため、
ロビーもドリンク売り場も空いているので、普通の外食などと比べても、かなり安全な
イベントだと思います。正直、行く前は不安がありました。