INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

増田の「一夫多妻と選択肢」議論、軽く総括/「カノジョも彼女」益々「ポリアモリー権擁護」漫画に?

anond.hatelabo.jp

と、そのブクマ
b.hatena.ne.jp


これに関しては少なくとも俺は

f:id:gryphon:20201125033525j:plain
烈海王の「我々がすでに通過した場所だ」


…てな画像を張る権利はあるわな。
ほいさ。証拠。
m-dojo.hatenadiary.com

・ただ今回、興味深かったことといえば、ブクマコメントで「ふざけるな、揚げ足取りだへ理屈だ!!」と怒る人と、「もちろん認めるよ、それが当然でしょ」と受け入れる人に分かれてるんだな。主観的には一緒のひともいるんだろうけど、ちゃんと理屈として成り立つ質問・立ち位置だからこそ、後者の立場をとる人もいるだろうて。そして必要以上にキレて罵倒してるのは、まぁ老年のザ・シークが疲れて体力の限界に達すると、リング下で大暴れして試合を終わらせる、みたいなものかも、と。

繰り返すが、ここでも討議されてるんだわさ。

法哲学と法哲学の対話

法哲学と法哲学の対話

・あと、「一夫多妻、ポリアモリーの権利を認めよ」は机上の空論ではなく、実際にアメリカで裁判が起きるなどしています。それもマイノリティの信仰・ライフスタイル(モルモン教と、その分派)にかかわる問題としてね。近親の関係についてもドイツで罰則規定を外すか否かの議論があった。
news.livedoor.com


・そもそも、実際から離れた机上の空論といえば、中絶の是非をめぐる議論について『腎臓の悪い有名バイオリニストが、 知らない間に自分の腎臓につなげられて生命を維持していたら?』なんてぶっ飛んだSFチックな喩えが、真面目に論じられたりしましたわな。別にこういう議論だって、その論理構造の平仄があっていれば歓迎すべきものだ。一夫多妻の議論はそれより何倍も地に足がつき、現実の事例にも即していると思うが。



「カノジョも彼女」話進むと「合意の上で二股交際(=ポリアモリー)何が悪いの?」に自然となりそう

ときに、コメント欄にはこんなのもあった

選択肢が増えるだけマンは一夫多妻も許すわけ?

今年「カノジョも彼女」とか「100人の彼女」とかの連載始まったし、新しい価値観だなって納得してしまった

2020/11/24 13:24
b.hatena.ne.jp


この話を、11月9日にすでに書いてるおれってぐっじょぶ過ぎない??(自賛)
m-dojo.hatenadiary.com


で、主人公は話が進むうちに、いよいよ決意を固くして「すでに2人の彼女たちには、この二股交際の同意を得ているけど、それを周囲、たとえば2人の家族にも認めてもらうようにしたい!」というふうになっていきます。

f:id:gryphon:20201125034912j:plain
カノジョも彼女はポリアモリー漫画


それでだな…もともとこの作品のコンセプトは
「誠実に、2人の彼女と、公認された二股交際をする!!」というのが「アハハ、おかしいね。常識じゃ考えられないよね」ということで笑いを取りにいくというものだったと思われる。
だが、たとえば…「ストップ!ひばりくん」やら、うる星やつらの「竜之介」が「女装する男の子」「男装してる女の子」がいろいろ珍騒動を起こしますよ、という話だったのに期せずしてLGBTの文脈に関係したエピソードが多くなるように…(逆にその文脈上アウトになるぞ!な話も勿論ある)この、彼女も「カノジョも彼女」は期せずして、「ポリアモリーを実践する人たち」という”マイノリティ(という扱いにすることに異議ありますか??)”を描く作品に、自然となっていくんじゃないでしょうかね。「弟の夫」や「ぼくらの色彩」と同じ地平。

そして、話の流れ的には「やっぱりこの関係は道徳的に許されざる行為です。やめましょう」とはならず「これのどこが悪いの?」となるような気がしますね。



最後にいいたいけど、この作品について、マンガ単体としての面白さを、正直ぼく個人は感じてない、と言わずもがなのことを言い残しておきます。NOT FOR ME。

ただし、「ポリアモリー漫画」というイデオロギーのレッテルをペタッと張って、「おおっ、こんなところにマイノリティであるポリアモリーを扱った漫画が!!」と、泣き売でゾーリンゲンの刃物に驚く寅さんのように宣伝したいとは思っています。

ちなみにアニメになるんだってさ。ということはマガジン内でも人気なのかなあ…