INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

今後、多数の寄稿本は「なぜ男女割合が半々じゃないんだこん棒」で、叩けるかも!

こんど、こんな本が出るそうなのですよ


寄稿者のひとりDr.ナ… じゃないや、cdb氏が、堂々twitter・ブログのアカウント名のままで寄稿している。
氏が、こういう感想を書いている。

www.cinema2d.net

はい。

ごらん頂きますとわかりますとおり、執筆陣の中であからさまに浮いていますね。

他は問題ない。他誌では「女性の執筆者が少ない」と非難を受けたムックもありましたが、上野千鶴子先生はじめ半数近く女性でジェンダーバランスもよい

しかしどうでしょう、1人だけおかしな執筆者がいますね。ものすごく分かりやすい間違い探しです。1人だけ名前がアルファベットですしね。おかしいだろうどう考えても。

おそらくジェンダーバランスに配慮した勢いで「あれっ、そう言えば執筆者に高卒が少ないな」「執筆陣に若手女優マニアが入ってないのは宗教的バランスを欠くのではないか」というような過剰な配慮が働いたのかもしれません。
(後略)

そう、そこ。
ムックとか
アンソロジーとかあるやろ?
著者をカウントするやろ?
男性、女性、その他の性(※最後のも付け加えるのが、進歩的なんです)で分類するやろ?

その比率が、たとえば支配的マジョリティたる男性に偏ってたとするやろ?

こん棒、ブーンや。
さあ、…冒頭の本はそこにもある通り、完全なフィフティ・フィフティではないけど、十分にバランスが取れてるようでセーフ、OK、ぐぬぬ


>『他誌では「女性の執筆者が少ない」と非難を受けたムックもありましたが、』

これ、どこかでその騒動見たんだよなー。何のムックだったかな……。
あ、答えは分かった。

コロナ後の世界 ――いま、この地点から考える (単行本)

コロナ後の世界 ――いま、この地点から考える (単行本)

  • 発売日: 2020/09/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



でも、まだまだある!!
片っ端から、これから出る複数執筆者寄稿スタイルの本は、このこん棒持ってー。
かまえてー。
ターゲットが、こん棒振るう条件に合致したら、ブーーーーンや!!!


そ、そういえば…

カウントしてみっかなー