INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

小田嶋隆さんは「実話BUNKAタブー」常連執筆者。「テコンダー朴」「韓国おもしろニュース」と一緒に、強力連載陣の一角担う【メモ】




実話BUNKAタブー 2020年8月号

実話BUNKAタブー 2020年8月号

  • 発売日: 2020/06/16
  • メディア: 雑誌

どうも、上の紹介ツイートのような雑誌であるのだが。
そこに、計117回目の連載を迎えるという、長きにわたって同誌の屋台骨を支えたコラムがあるという…




岡村隆史発言は正しかった!コロナ不況で風俗堕ち確実の美人職業名鑑』『韓国おもしろニュース』

f:id:gryphon:20200623021738j:plain
小田嶋隆氏は「テコンダー朴」らと一緒に、実話BUNKAタブーの連載陣の一角。
「テコンダー朴」。「韓国おもしろニュース」。「小田嶋隆の電波品評会」。


もちろん「雑誌は雑多な切り口の記事があるから雑誌。相容れないようなものが掲載されていてもいいじゃないか。ああいう意見には反対だが、彼らの記事は彼らの記事。/俺は俺、俺の記事は俺の記事」みたいなスタンスもあっていい。
むしろそういう雑誌流のアナーキズムは、それなりに好むところだ。

氏はまた、「自分は「異分子」として存在している」というような弁明手法も、かつて使用していたっけ。


それでいい、という事ならシャンシャンでいい。ただ、こういう雑誌に書くことが、まったく許せない行為だ、、というひとはいないだろうか。

いないのなら、これを今後の基準として提示することも有効だろう。


書影を並べてみて、さていかがでしょう。