INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

野村克也は野球の中で「ギミック(パフォーマンス)」を重視していたのではないか(アメトーーク!を見て)


m-dojo.hatenadiary.com
を見ての感想。

といっても、自分はすごい浅い野球ファン…というか野球ファンですらない。
それでも「野村克也」にまつわるあれこれはいろいろ見知っているし、今回も新しいことをいろいろ見るのを楽しんだのだから、それはノムさんのほうがスペシャルなのだろう。

その上での感想。
野村克也が戦ったプロ野球は、もちろんガチンコの100%真剣勝負だが、彼はその中でやっぱり「こういうことをしたら明日の新聞の記事になるか」「いろいろ話題になるか」というのも、頭の片隅に置きつつ采配を振るっていたのじゃなかろうか。

f:id:gryphon:20200424081210j:plain
遠山葛西遠山葛西、を伝えるスポーツ新聞 野村克也采配



というのは、こういう話を思い出したんだけど…でつなげる、プロレスにね(笑)

プロレス研究者の流智美氏が、昵懇の相手であるルー・テーズに、彼がカール・ゴッチと組んでアントニオ猪木坂口征二組と対戦した試合のビデオを見直してもらった。
そのとき、ゴッチがキーロックを決めた猪木を片腕で持ち上げてロープブレイクし脱出する場面を見たテーズがつぶやく。「これこそが、ゴッチのギミックなんだよ」と。
「ギミック」というのはプロレス界の隠語では、ほぼパフォーマンス、みたいなものだと考えてください。試合に勝つという目的とは直接関係ない、観客を引き付ける、驚かすための見せ場、という意味と思ってくれればいい。

f:id:gryphon:20200424082750j:plain
カール・ゴッチキーロックの相手を持ち上げるのは「ギミック」 プロレススーパースター列伝
そしてこう続ける。
「ギミックというのは本来こういうものを指すんだ!顔にペイントしたりとか、そういうのはギミックと言わない!!」と。
観客を楽しませるためのギミックであっても、肉体と肉体、技術やパワーがぶつかり合うという、そこの路線は外さないでできるんだ、とね。


ノムさんも同様で…


この時の「奇策」が、本当に勝利をもぎ取るための、お遊び要素ゼロの戦略だったのか、それともやはり、このように伝説となる、語り継がれるだろうな、という意識だったのかなんて部外者にはわからん、あるいは本人にもわからんかもしれない。

ただそれでも、上の「怪力で人を持ち上げるのはギミック、ペイントとか毒霧はギミックとはいわない」みたいな、それをスポーツの文脈にとどめる何かがあったなかで、そういうのを意識したんじゃないか、という話。


そういえば、野村監督は…どっちもアメトーーク!に登場してたけど、「オープン戦で新庄をピッチャーに起用する」ことをした一方、「オールスター戦で投手イチローゴジラ松井にぶつけようとした仰木監督の狙いをスカし、松井に代打を送ってその対決をまぼろしに終わらせた」という話があったな。
このへんが「ギミック」に対して、ルー・テーズが明確な基準を持っていた、という話に似ている、と思ったところなんです。
というか、そこから逆算してこの話全部を思いついたわけで。


そんな思い付きだけ、ここに書き残しておきます。