INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「異世界・過去で現代知識のチート」大流行の後に…ドラマ「JIN」総集編再放送/NHK「いいね!光源氏」も結構面白い

2009年10月期、2011年4月期に放送されたTBS系ドラマ「JIN -仁-」を再編集した「JIN -仁- レジェンド」が、4月18日から3週連続で土曜・日曜に放送されることが明らかになった。
 今回の放送では2009年と2011年の全22話を再編集し、「JIN -仁- レジェンド」と題した特別編として6日間にかけて放送される。
 本作は、現代の脳外科医・南方仁大沢たかお)が幕末の江戸時代へタイムスリップし、医術を通して幕末の英雄・坂本龍馬内野聖陽)らとの交流を深めながら、自らも動乱に巻き込まれていくヒューマン医療ドラマ。綾瀬はるか中谷美紀桐谷健太ら豪華キャストが出演した。

www.cinematoday.jp

JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/02/18
  • メディア: Blu-ray


「JIN」という作品、あらためて思うに「使い古された王道パターンを、どうどうと、ど真ん中を推し通るつもりで渡ろうぜ!!」とやったら、その通り傑作ができた、という感じですね
当時のこの記事は、けっこう気に入っている。

m-dojo.hatenadiary.com


しかし、マンガの連載当時、ドラマの放送開始時から「ああ、この手ね、このシチュエーションね。よくいえば王道、悪く言えばベッタベタやんな」と思ったのもまだまだ牧歌的な話。そこからさらに十数年、「異世界もの/過去もの、特に現代知識によるチートもの」はパンデミックな状況となり(ちょっといまはこの表現もはばかるが、あの増加、流行の勢いはやはりこう表現するしかない)、月刊雑誌なんかには、三分の一か半分近くがこれで占められてる、なんて雑誌すらある。

この状況下で、異世界ではなく実際の歴史上の、という設定ではあるが、「現代知識で、それがない世界へ行きチートする」というのを丁寧に、大きな予算で描いた人気ドラマが、ふたたび地上波で放送される、というのは、どんな反響があるかは興味深い。

逆に平安時代の(架空の)人物が現代日本に来る「いいね!光源氏」。SFだー、これも


前回、偶然放送してたんで見てみた。
あの烏帽子?なのかな、
してないと、平安時代から来たかどうかよくわからんが、とにかくこれも異世界「から」現実の日本にやってくる話だ。比較すると少ないけど、そういう作品もあるよね。

おれ、平安貴族や平安ものってあんまり関心ないし、たとえば武士や忍者がやってくるより話が転がらないんじゃないかと思ったが、まあイケメンの雅な女たらし、という個性で少し話は面白かった。

で、上のJINも、今回のいいね!光源氏も、思い起こせば「SF」じゃん。タイムスリップあるからSF。

そう、思い至れば「わーSFドラマがNHKで、TBSで登場だ」と喜ぶに値する。
そして、以前も書いたが「SFとは、こういうものでいいんだよ、こういうので」なのであります。あんまり考証とか設定構築とかいらない。

これぐらいの「SF」でいいのだ。