INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

現在の日本で大発展した「異世界チート」「文明無双」の元祖?…『マーク・トウェインにアイデア盗まれた!』と怒ってたらしい「栄光なき天才」の小説が翻訳(カスガ)



幸福の島

幸福の島



4月にもこの話題があり、こう語っている、。
冒頭以降はコピペで


カスガ‏ @kasuga391 4月15日
私がこの小説で一番好きな場面は、愛しあう騎士と姫のために教授が電話を引いてやる場面でもなく、悪役の騎士が教授の作った蒸気船を調べようとして自爆する場面でもなく、王から近代技術を教えてくれと強引に頼まれた教授が社会学の講義を始め、聴衆が全員眠り込んだ隙に逃げ出す場面だ。

gryphon(まとめ用RT多)‏ @gryphonjapan 4月15日

アーサー王を書いた自分のブログ記事http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150825/p2 …と、初出ポータルhttp://togetter.com/li/902024 に収録しよう。


カスガ‏ @kasuga391 4月15日
ども、収録ありがとうございます。
チャールズ・ヒーバー・クラークの『幸福の島』はhttp://archive.org で読めますが、残念ながら邦訳は存在しないみたいです。
https://archive.org/details/fortunateislando00clariala


カスガ‏ @kasuga391 4月15日
トゥエイン自身は『アーサー王宮廷のヤンキー』は『幸福の島』と無関係だと主張していましたが、設定の類似のみならず、現地人を煙草の煙で驚かしたり、甲冑の騎士にレボルバーで対峙したりなど、類似する場面が二作品には散見でき、この件ではクラークの言い分に理があると思います。



カスガ‏ @kasuga391 4月15日
クラークとトゥエインは1870年にトゥエインがクラークの書いたニトログリセリン爆発の記事を元ネタに「模範少年物語」を書いた時からずっと険悪で、お互いに相手のことを「盗作屋」と罵り合っていたそうです。

しかし、初出のアイデアはともかく、その後の文学史に名を残し、SFとしてどっちが後世に影響を残したかはいうまでもない。
・・・・・・・だからこそ、彼にも花束を。

異世界の文明チート話過去記事。こういう点から興味を持っています

間もなくアニメが始まるという「まおゆう」と平野耕太ドリフターズ」って隣接ジャンルやねん http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130104/p2

「ピラミッドからきちんと知識を積み上げてけば、人類は火星にも行けたはず。どこかで『伝承失敗』があった」 -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150823/p4

「まるで異世界召喚」「内政チートや」…名著「ルワンダ中央銀行総裁日記」は「ライトノベル的に面白い」という切り口に反響 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/876831

「歴史改変」「文明チート」の元祖?マーク・トウェインアーサー王宮廷のヤンキー」はすごいらしい…そこから色々考える - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150825/p2

SF(ファンタジー)に「異世界内政チート」があるように、時代小説も「建設もの」ブーム?(日経新聞より) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20161104/p2