INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

椎名高志が封印した『黒目笑い』描写の話/abemaTVで「GS美神」「絶対可憐チルドレン」無料配信開始(画業30年記念)。

natalie.mu




30周年記念で

という本が出たりしたんで、なるほど今はそういうのの連動で「無料配信開始」とかもあるのね、と。


自分、よく考えたら両作品とも、原作は非常に高く評価しているのに、アニメの方は見なかった。すまぬすまぬ、そういう「発想」が無かったんだ。いやそういうものなんすよ。思考の方というか。
まあ、そういう点ではいい機会なのかもしれない。両作品とも、少年サンデーの看板作品ではあるけれども、それ以上に「SF漫画の法灯を受け継ぐ、系譜としての作品」であると思っているし、それが「少年サンデーなるもの」だと思っている。
だから失礼にも5年前、そういうSF漫画が減っていく様を見て、「少年サンデーらしさ」にもからめて、絶対可憐チルドレンが最終章に入るという話ともからめて、「老将軍が最後の艦隊を率いて出撃する」…とある種失礼な見立てをしたわけだが(笑)

m-dojo.hatenadiary.com

ただ、5年後もまだ連載が続いているとは思わなかったんだよ(笑)





椎名高志の漫画術」いろいろと抜き出して紹介したいエピソードや漫画理論、創作秘話などあるんだが、時間ないのでまた何かの機会に。
それとは別の話を、以下抜き出す。

椎名氏は「黒目で表情を作る描写」を古いと感じて、意図的に「封印」したらしい

いま、9月までツイートを遡ってサルベージした。






いやー、自分は読んでいたけど、そんな変化があるなんて全然感じなかった。
というか、「漫画では黒目で表情を作る描写のやり方がある」「それはそもそも現実にはない、漫画独自の記号描写である」ということも、言われるまで気づかなかったよ!!
そもそもオバQがそうでしょ。そりゃ、スタンダードだと思うわ。

オバケのQ太郎 1 (藤子・F・不二雄大全集)

オバケのQ太郎 1 (藤子・F・不二雄大全集)

まったく世のなか、いくつになっても発見で満ち溢れている。
これを書くために検索したら見つけた記事。ただ、指摘されている絵柄の話は、実はこっちはよく理解できてない(笑)
mangaism.net



こんな四コマもあったので埋め込んでおく

さらっと、ふつうに面白いのを描くことであるよ。