INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

河野太郎の置き土産。在韓日本大使館サイトに『東京、福島市、いわき市、ソウルの空間線量率』を掲載


非核、いや比較のためなのかもだが『ソウル』が入っているのは、いかがなものだろうか。

いや、情報公開はいいことなんだけどね………


日本と韓国の空間線量率


(韓国語版)한국어 페이지


最近,特に韓国において日本の放射線量等についての関心が高まっていることを踏まえ,日本の首都(東京),福島県福島市いわき市)及び韓国の首都

(ソウル)の空間線量率について,今後,原則として大使館休館日等を除く毎日更新することとし,過去の記録についてもアーカイブ化することとしました。


以下に示すとおり,日本の下記3都市の空間線量率はソウルを含む海外の主要都市のそれと比較しても同等の水準です。

なお,天候などの違い(注)により,環境中の放射線量は変動します。


日本政府としては,今後も科学的根拠に基づいた正確な情報を提供し,透明性をもって丁寧に説明していく考えであり,日本の放射線量についての韓国国民

の理解が深まることを希望します。


各地とも9月24日12時00分時点
(単位:μSv/h)

福島市 いわき市 東 京 ソウル
0.132 0.060 ※1 0.036 0.119

※1:線量率モニタ点検のため,欠測となっており,9月20日12時00分時点の情報となります。

(後略)
www.kr.emb-japan.go.jp

そういえば、似た例が2013年に中国であった。

m-dojo.hatenadiary.com


朝日新聞2013.1,30の社説にちょっと注目した一節があった。

 社説 中国大気汚染 改善は日中の利益だ(※会員のみ)
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201301290617.html
環境に対する市民の意識は大きく変わりつつある。
中国政府はもともと、PM2・5の数値を明かしていなかった。ところが、北京の米大使館が独自に公表していた数値に市民の関心が高まり、政府も発表せざるを得なくなった。