INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

悲報。漫画版「皇国の守護者」は今後正式に「絶版」となり、再刊されぬらしい(作画者・伊藤悠氏のツイートより)

情報の詳細は、例によってtogetterより

【速報】漫画版「皇国の守護者」(故佐藤大輔原作、伊藤悠画)が正式に『絶版決定』か…名作中の名作がなぜ? - Togetter https://togetter.com/li/1205741


自分の関連ツイートを再構成して記録しておく

gryphon(まとめ用RT多)@gryphonjapan

漫画版「皇国の守護者」、数日前に1−5巻まとめて100円で某OFFで売ってて、既に持ってるのについ買っちゃって「おいおい、2セットあってどうする」と自分にツッコんだのだが、なんか確実な投資になってしまったな。
再刊・電子書籍化されて「これも一時期は高かったのにな…」とつぶやきたかったよ


これが非コレクト発言なことは重々承知だが
「訳アリ」によって需要も人気も文学的価値もあるのに市場に出回らない書籍を、海賊版業者が「これが読まれないのは人類の損失。俺たちゃ義賊さ」とうそぶきつつ公開してたら…拍手の手を、一拍も叩かないと断言できる自信はないな。
いや海賊版ダメですが


ちまたの噂で、”確執”とか”権利者の意思”という話は聞いていたが…不思議なのは、良くも悪くも現実として、元の著作者から、著作権は遺族に移行したはず。そんな遺族が”確執”を引きずってるとも思えないのだが…
そこがまーーったくわからん!そういう権利管理や決定をするスタッフ的な方がいたとか?

実は「鉄血のオルフェンズ」終了後、私らが友人と放言してたのは「伊藤悠氏の体が空いたから、今こそ続編。原作の残り分だけでも再度、氏にかいてもらおうぜ」と。
「不幸な話だが、原作者の逝去で障害はなくなったと思う」
「再刊、続編が出ない理由が見当たらない」と…
甘かった。しかしなぜ??


いまの「著作権継承者」(どなたかは知らぬ)も、その「話のこじれ」を引き継ぐ必然性は、全くないと思うのですがね……このへんは内部事情だから知るすべもない。


本件でうーむと思う理由…
佐藤大輔氏は全くの急逝(かつ遅筆)だったため、未完の作品がそもそも凄く多い。なら、慎重かつ誠実、そして柔軟な権利管理者なら「しかるべき才能に、続編や同一世界観の物語を書いてもらう」未来があり得たのではないか、と。
しかし…うーむ

佐藤大輔氏、52歳の若さで逝去。/「作品世界の継承」についてあらためて考える。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170327/p1


皇国の守護者 1 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 1 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 2 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 2 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 3 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 3 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 4 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 4 (ヤングジャンプコミックス)

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

ぶっちゃけ、本日の午前中にコミックをamazonでも楽天でも買っておいたら、明日にも値上がりしてるかもしれないぜ(※2セット持ってる人間の余裕)