INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ウナギの産卵場という世界的発見をしても「それでウナギは安くなりますか」とメディアに聞かれるこんな世の中じゃ/ただ、その思想は墨子の時代から…

はてなの仕様上、画像が重なってしまっているので、一枚ずつクリックしてみて!



https://twitter.com/Via_Nirone7/status/926771433442762752
たしかにウナギの産卵場解明という世界的発見をした後、そういう質問をされたら、塚本勝巳教授もこんなふうにキレていいと思う。

世界で一番詳しい ウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

世界で一番詳しい ウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

40年間、太平洋でウナギを追い続けたウナギ博士。その研究の集大成! !

◎天然卵発見秘話
◎稚魚の餌はマリンスノー
◎完全養殖に足りないもの
◎来年以降の資源量変動予測
◎ウナギを絶滅させないために
◎養殖業者に朗報! 幻の絶品「アオウナギ」の作り方
…など、「世界で一番詳しい」ウナギの知識が得られる一冊。
知的興奮を得られる、上質のサイエンスアドベンチャーです。

内容(「BOOK」データベースより)
世界初!マリアナ海嶺で天然卵の採集に成功!アリストテレスから2400年、ウナギ誕生の『謎』が遂に解明される―。知的興奮を得られる上質のサイエンスアドベンチャー

ただし、「人の役に立たない技術には意味がない」の思想は墨子の昔から……

画像は最近急逝された故鄭問氏の「東周英雄伝」から

公輸子削竹木以為鵲,成而飛之,三日不下,公輸子自以為至巧。子墨子謂公輸子曰:“子之為鵲也,不如匠之為車轄。須臾劉三寸之木,而任五十石之重。故所為功,利於人謂之巧,不利於人謂之拙。”(魯問21)

(現代語訳)
公輸子は竹木を加工して鵲(かささぎ、人工飛行物でしょう)を作った。空を飛び続け三日間降りてこなかった、公輸は自賛したが、

墨子がいった「公輸先生の鵲は車のくさびにも及ばない。車作りはあっという間に三寸の木でくさびを作り五十石の重さに耐える。功績とは、実際に役立ってこそ巧みなのであって、役にも立たないものは拙という」。
https://blogs.yahoo.co.jp/raccoon21jp/38851571.html

墨子 (ちくま学芸文庫)

墨子 (ちくま学芸文庫)

解説書

墨子 (講談社学術文庫)

墨子 (講談社学術文庫)

墨子の教えはシンプルで、また平和主義的な思想は古代はいざ知らず、近代的な考え方にマッチしてるような気がするが…その一方ではっきりと弱点もあり、しかもその弱点は強さや魅力と完全に表裏一体で分離不可能なもののように見える。三日間飛び続ける竹製の模型飛行機を作った技術者に「重いものを支えることもできない模型飛行機なぞ何の役にも立つまい」と言ったこの説話も…(しかも墨子自身は、この技術者と攻城兵器のシミュレーションをして防御側で勝利するほどのエンジニアなのだ)