INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

【注意喚起】某イベントで撮られた写真が「顔認証」で某実名制SNSと紐づけ=個人特定されたりしないかね?(近未来予想)

「カラパイア」なるサイトにこういうのが載ってた

…ロシアの写真家エゴール・ツヴェトコフ(21)は、このアプリを利用し、ロシア国内の地下鉄で撮影した人々をSNSから探し出しそれを公開するというプロジェクト"Your Face Is Big Data (あなたの顔はビッグデータ)"を行っている。

 彼は数か月以上にわたり、地下鉄で見ず知らずの人々を撮り続け、顔認証アプリ「find face」にそれらの画像を入力し、ロシアの巨大SNSサイトVkontakteから本人を探し出した。にその結果、約70%もの人の…


実ははてなブックマークのほかに、twitterで当方のブログ記事と関連付けて語られている方がいたのでこの記事を知ったのだが…


実は5年前、「あと3、4年後にはこうなるんじゃなかろうか?」と予測し、小説仕立てでかいたことがある。

あと3、4年で、コミケでコスプレしてる人たちとかは、顔写真検索で特定できるようになるんじゃないの?…というSF。 -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110818/p2

この本編とは別にかいた解題で、こう述べた。

コスプレという言葉もすっかり定着、ふつうの趣味とされているとは思う。げんしけんで言えば「神無月 曜湖」(かんなづき ようこ)さんが大野 加奈子(オオノ カナコ)さんであることが写真検索で分かっても特にトラブルは発生しなかろう。
だが一方で、一昔前のファンロードでは「こっそりコミケへ行く」というネタが毎回のように載っていたような気がする(まあ誇張もあるだろうけどね)。
ことに、いわゆる「ハマちゃん方式」で休みを取った勤め人などはこういう技術の普及後に大丈夫かいな。
「君はたしか、『福岡のおばあちゃんが危篤なので休みます』とか言ってなかったかね?」と検索サイト「三千里」の表示結果を見ながら詰めよる課長、とかね(笑)

さまざまなところの写真が、ネット上で技術が進歩し、利用者が一般化した「顔検索」との組み合わせによっていろんな珍騒動のきっかけになるのではないかなあ…と思いました。
そんな予想や懸念を、写真がよく撮影されることと、そこでの立場やキャラクターが、普段の自分とは離れた位置になりがちな「コミケ」が最近あったので、そこを舞台にした未来シミュレーション小説(SF)として書いてみた


まあ、ロシアの写真家がどうやったかは知らないけど、日本でそこまでやるやつが出るのは、まだ先の話かな?もう2、3年ほどのタイムラグがありそう…

あ、そういえば年末イベントってもうすぐなんだっけ?
そこでこういう問題が出てくるかもしれないし、出てこないかもしれない。
てか、まずは実名制SNSのほうに写真を出さないってことで問題のかなりの部分は解決するっちゃーするな、今のところは。



余談だが
私の知り合いで唯一参加してる人がいる。

宣伝