INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

本日「このマンガがすごい!」「このミステリーがすごい!」発売日

このマンガがすごい! 2015

このマンガがすごい! 2015

このミステリーがすごい! 2015年版

このミステリーがすごい! 2015年版

http://konomanga.jp/special/konoman2015

このマンガがすごい!2015』オトコ編 第1位
聲の形大今良時

聲の形(1) (講談社コミックス)

聲の形(1) (講談社コミックス)

このマンガがすごい!2015』オンナ編 第1位
ちーちゃんはちょっと足りない阿部共実


別に「ランキング順位」は著作権で保護されているわけではないので、全部紹介しても問題はまったくない。今はちょっと見つからないのだが、そのうちネット上にはあふれるだろう。昨日twitterでちょっと見たが、注目の「子供はわかってあげない」や「いちえふ」は1位にはならなかったが、ランキングに入ってたはずだ。



聲の形」、正直、自分は連載版はそれほどいいなーとは思わなかった

ただ、読みきりで出た時はその「宣伝の仕方」がストレートに傑作だと編集部が押す、という一回転した奇襲でおもしろかったので何度か書いている。考えさせることが多いのは、好みとは別に間違いないので読んで損はない。

少年マガジン掲載の読みきり、「障害といじめ」を描いて編集部が「傑作」「必読」と一押し - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130221/p4
 
「障害といじめ」描いた読みきり「聲の形」が話題になる中で「パンプキン・シザース」の一場面を再紹介。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130222/p9
 
聲の形」連載へ。それに合わせ、同作品の「If」展開を考えた(サイバラ漫画を参考に)。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130308/p4

毎年ほめるけど、ここまで「賞」として出世させたのはたいしたもの。

徒手空拳、中堅どころの出版社がばーんとミステリー、マンガのベストテンを作り、それを公表するガイドブックを売りまくる…
こんな出世物語は無いですよ。
逆に言えば、工夫や積極性次第で「賞を創る」というビジネス…あるいはビジネスにはつながらなくても、盛り上げて注目を高めるイベントとしては可能性がある。

数日前に、昨年から始まったという「ヤフー検索大賞」があったが、あれも出世するかは今後の注目。