INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アントニオ猪木「維新」から出馬。同党と猪木の、北朝鮮政策の矛盾は?

まあさすがに驚かされましたですよ。

アントニオ猪木氏、維新から参院選出馬へ 知名度生かし比例で
2013.6.4 16:43 [日本維新の会
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130604/stt13060416430002-n1.htm

 元プロレスラーのアントニオ猪木氏(70)=本名・猪木寛至=が、日本維新の会から参院選比例代表で出馬することが4日、分かった。同党関係者が明らかにした。石原慎太郎共同代表と5日に東京都内で記者会見して発表する。

「維新」ということで私も一報を聞いたときは「維新軍」とからめて感想を書く、つまらなく平凡なオトナになっておりました。というかさ、おまえらこういうときだけ思い出すやつ多すぎ。それが「金曜ゴールデン」時代の実力か・・・・


んで、猪木がいかに政治家不適格か、というかアレな人間かは…いちいち書くの?ググるもよし。この「見えない道場本舗」内を猪木で検索するもよしだ。
あの人を政治家として評価するのは、いまや佐藤優氏と鈴木宗男氏ぐらいではないか(鼎談してた。)

いちおー、世界的な知名度があり、要人とあったりできることは事実ではあるが、それで一番”カオ”がきくのは…北朝鮮だからな(笑)
怪僧・池口恵観
怪秘書・飯島勲
怪プロレスラー・アントニオ猪木
ほんと北朝鮮関連人脈は、それだけで類友というか濃いというかなんというかだな(笑)。そういう点では「維新」と共通している。

プロレス 暗夜行路 (別冊宝島1648 ノンフィクション) (別冊宝島 1648 ノンフィクション)

プロレス 暗夜行路 (別冊宝島1648 ノンフィクション) (別冊宝島 1648 ノンフィクション)


 
ん  で。
北朝鮮については、そーやってVIP待遇をされている猪木さんは、常々北朝鮮との対話、制裁緩和について言及しているお方である。
これって共同代表の石原慎太郎氏、ハシモト徹(※伏線)氏の政策、思想と相容れるのか。
ぜひ、本日石原慎太郎アントニオ猪木の共同会見があるとのことですが、質問者はこの「対北朝鮮へのスタンス」について質問してくださいませ。
ハシモト(※伏線)はどうかな。
たぶん、彼はこう答えるだろう。
「時は来た!! それだけだ」
(※伏線を回収)

追記

うーん「維新」と「ハシモト」につい目が行って、このネタは気づかなかった!いつも「維新の会」と書いて日本を省略しちゃうからか。

issyuu ‏@atw01 13時間
https://twitter.com/atw01/status/341855009337651201
日本維新の会からアントニオ猪木氏が立候補するというニュースを聞いて、その後追放されて「新日本維新の会」を設立したら面白いなと思ったのは俺だけではないはず。あと誰かが全日本維新の会を立ち上げてくれれば…

猪木と新日の、北朝鮮に関係した裏、ヤミ人脈はいまなお。モランボン、ゴマシオに聞け!

 

常識に近い話ですが、知らない人を少しでも減らすため。

モランボン」創業者のひとり(故人)は北朝鮮体制(金王朝)の熱烈な支持者であり、朝鮮総連副議長となったほか、日本在住の北朝鮮最高人民会議議員となり、北朝鮮の最高勲章「朝鮮民主主義人民共和国愛国賞」の受賞者

であったのです。出身地や国籍の話ではない、自身の政治的スタンスとして金王朝崇拝、擁護・・・というかその一員として活躍したというね。
まあ、猪木の北朝鮮イベントにお金を出さないのだから90年代にはさすがについていけない、という思いがあったのだろう。
そんなお話。
そして、おなじみ「リキちゃんがやるなら俺、カネだすよ!」のF氏も「2億は朝銀からひっぱる」か…あんたのサイフじゃねーぞ。ちゃんときちんとした審査基準をクリアしたんだろうな。そしてその数年後、朝銀信組は破綻、その処理のため日本の市民全体が迷惑をこうむった。

このへんの裏面史もプロレスファン的には興味があるが(笑)、朝銀破綻は本来的には公の関心ごとである。そしてアントニオ猪木が再び公職につくことを目指すというのだから…ますます聞いていただくべきことだろう。メディア的にも、「維新の会」内部的にも。


さて、そこでモランボン…焼肉のタレに、さらにゴマシオをかけてしまっては塩分過剰だが。
ここで少し書いた。

■昭和の感性と仕事術が生んだ、平成プロレスの隆盛期…永島勝司の新刊を読む。他ジャンルの参考にも。
 http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120613/p1

プロレス界最強仕掛人 永島オヤジの  まぁだま~って読んでみてよ

プロレス界最強仕掛人 永島オヤジの まぁだま~って読んでみてよ

北朝鮮興行、そのナゾと闇

ナゾといっても、ブル中野平壌に咲く一輪の花だったかどうかとかではない(笑)
あきらかに、平壌興行が決まった経緯やその過程に関しては、まだ明らかになっていない部分が多すぎる。企画の発案者もそうだし、もとは開催資金を「民族系金融機関」が担ってくれる話がぽしゃったという話、訪朝して出場したレスラーたちの人選も・・・実はこの本でも、核心の核心は「ちょっと控えさせてもらう」「あまり詳しいことはいえない」という。
だが、そういいいつつかなり「ん?」と驚く話もある…(後略)。

つまりだ…オヤジ・ゴマシオにいまこそジャーナリストは向かえ!と。

上の本を参考にしつつ、猪木〜金王朝コネクションの闇を追及する、これが「維新の会」の矛盾を暴くことにもつながるだろう。