INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

韓国には「2ちゃんねる」を翻訳して紹介するサイトがある(朝日新聞)

朝日新聞でつい最近まで「ビリオメディア」という正月特集記事をやっていた。ビリオメディアとは10億近い利用者がいるSNSなどでtwitterフェイスブックを指す。
特集「ビリオメディア」は「なにを」というより「なにで」が重要というか、twitterフェイスブック「で」取材する(その過程もSNS上で公開する)…という手段に挑戦したものだった。

それが成功したかどうかは別のところでかければ書きたいが、表題のメモを。
日韓関係に関し、SNS上で冷静な論調をもつ韓国のユーザー(しかも日本語は出来ないし、日本に来たこともないという)を探し、取材した記者さんのメモ(ツイログ)から。

http://www.twitlonger.com/show/khq20g

……忙しくて日本語を勉強する時間はありませんでした。転機は2000年ごろ、翻訳機が登場したことです。日本語の新聞や雑誌、本を、その気さえあれば読めるようになりました。韓国語と日本語は順序や語彙が似ているから、翻訳機を使えば9割くらいは読むことができます

 さらに数年前には、日本の「2ちゃんねる」の内容をリアルタイムで見ることができるサイトが登場しました。翻訳掲示板「ゲソムン」(直訳すると「犬のうわさ」?)や、海外のネチズン(ネットユーザー)の反応を集めた「ガセンイ」などです。ここに入り、「東アジアニュース速報+2ch」などを読むと、日本人が韓国に非常に関心を持っていることがわかります。
 
−−2ちゃんねる」には、ためになる書き込みもあるかもしれませんが、韓国や韓国人を中傷する書き込みが多いと思います。日本人でも恥ずかしく思うときもありますが。
 
 そうでもないですよ。掲示板に現れる書き込みは様々ですが、中傷の書き込みというのは韓国の掲示板にもあることです。特に日本だけの問題ではありません。気分が悪くなることはありませんよ。2ちゃんねるが韓日関係の悪化にはつながるというのは、単純な見方でしょう。
 逆に、2ちゃんねるに現れる日本人の反応を見て、こんな視点で考えることもできるのかと勉強になることが多いです。韓国で知る機会が少ない韓国のニュースや出来事も、知ることもできます。
 たとえば、日本の皆さんにはおなじみの「何でも韓国が源流」というのがあるでしょう。韓国人が、日本のすしだとか、他国の文化の起源を朝鮮半島と主張しているという、あれです。私は「韓国起源説」が流布されていることや、そのことが海外で話題になっていることを2ちゃんねるで初めて知りました。最初は驚いたのですが、韓国人の思考を踏まえると、さもありなんと。

韓国人が『普通に生活していたときは「韓国起源説」を知らなかったが、2ちゃんねるで話題になっていたので逆輸入の形で知った。しかし思考を踏まえたら「さもありなん」と思った』…なんて語るのは二重三重に屈折というか、意外性があって考えさせられる。


しかし、知っておきたいのはやはり「韓国で、2ちゃんねる翻訳・紹介サイトがある」という話だ。
専門板が追いことはともかく、ニュースを扱う分野に限定すると2ちゃんねるが一番日本の「メディア」の中で韓国に触れる割合が多い気がする。だから相思相愛ってやつだ(笑)。
良くも悪くも…おそらく日本メディアで、翻訳紹介専門サイトがあって
日々の議論が紹介されているものは少ないんじゃないかと思う。翻訳議論掲示板もどこかにあったんだっけ?よく考えればそれも先駆的ではあるが。朝鮮日報ハンギョレの日本語版のように、日本の新聞の韓国語版ってのもあるのかな。ないか。

そんな中で韓国において、2ちゃんねるの翻訳紹介サイトがある…おそらく運営者はそれで何がしかの利益も当て要るかもしれない……いろいろなプラスマイナスをひっくるめて、トータルで「いいこと」だと思うのです。
ちょっと結論が唐突だけど、そういうこと。