INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

猪瀬直樹の最近のツイートが、石原慎太郎国政へ→自身が都知事選出馬!の伏線に見える件(ほんとかよ)/橋下徹出馬→平松大阪市長が復活?

猪瀬直樹 ‏@inosenaoki
日本改造計画は10年前『猪瀬直樹著作集 日本の近代』(小学館全12巻)で網羅した。伝統も世代論も含め独自の視点での認識の体系はやり終えている。小泉首相や石原知事に協力したのは作家として思想家として準備ができていたからだ。

準備ができていた
準備ができていた
準備ができていた
準備ができていた

「いま」、こんなツイートをしたのはなぜか?
読んでのぼくのツイート

最近の猪瀬直樹ツイートを「石原慎太郎がひそかに総選挙での国政復帰を決断し、猪瀬には新都知事候補として出馬を要請」…との仮定で読み直すとへんなリアリティがある。もちろんこれは私の勝手な妄想だが(笑)「いま都知事選があったら?」のシミュレーションが必要なのは事実。反石原派に候補いる?

実は大阪は、以前内田樹氏が言っていたが「橋下が大阪市長を辞めて国政選挙に出馬したら、即座に平松前市長が市長選にリベンジの立候補をすると分かっているから橋下氏は動けない」と。よくも悪くも東京と違い、大阪では反橋下の候補は臨戦態勢で、衆目一致するタマがいるわけだ。(府知事のほうもかは知らん)

↑の話で記憶で書いた、内田氏の文章はこれだった。
http://blog.tatsuru.com/2012/08/12_1132.php

・・・連立与党の連中は必ず言いますよ。
「あなた、もう立派な代議士なんだから、これくらいのことは市長に相談せず、自己裁量でお決めになってよろしいんじゃないですか。それができなきゃ、ただのロボットじゃないですか・・・それとも市長の逆鱗に触れるのがご心配で?ほうほう。それならどうです、いっそ『うち』に来ちゃ。次の選挙では必ず公認しますよ」とか。
それくらいのことなら自民党民主党の食えない政治家たちなら絶対にやる。
その事態が予測できない橋下さんではない。
だから、たぶん国政に出馬することになると私は思っている。
自分が党首で、連立政権の大臣になって永田町でにらみをきかせていなければ、次の選挙までに市長のコントロールが効かなくなる議員が出てくることが予測できるからである。
だから国政に出る。
でも、市長が国政に出ると、大阪市長選が行われる。
当然平松前市長はリベンジをめざして出馬する(と思う。ようしらんけど)
かなり有力な対立候補を探し出さないと平松さんに勝つのはむずかしい・・・