INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

大阪府知事選・大阪市長選で気になるもろもろ

やはり世論調査だ。

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20111031-OYT1T01403.htm

市長選では、府知事を31日付で辞職し、くら替え出馬する地域政党大阪維新の会」代表の橋下徹氏と、現職で民主、自民両党市議団が推薦する平松邦夫氏が横一線の状況で、知事選でも同会幹事長で府議松井一郎氏と、民主、自民両党府議団が推薦する同府池田市長の倉田薫氏を軸に混戦模様になっている。

 調査は、28日時点で立候補を表明していた人から選択する形で行った。態度を明らかにしていない有権者は市長選で2割、知事選で4割に上り、今後の展開は予断を許さない状態だ。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111107k0000m010086000c.html

世論調査:「大阪都」構想を「評価する」67%
  
 毎日新聞が5、6日に実施した全国世論調査で、橋下徹大阪府知事が掲げる「大阪都構想」については、「評価する」が67%となり、「評価しない」の27%を大きく上回った。大阪都構想は二重行政の解消に向け、大阪府と大阪、堺の2政令市などを再編するのが柱。27日投開票の大阪府知事大阪市長のダブル選挙でも争点の一つとなっている。
 支持政党別では、民主支持層の69%、自民支持層の72%が大阪都構想を「評価する」と回答した。民主、自民両党は選挙戦で橋下氏と対立する構図だが、既成政党の支持層にも都構想の評価が広がっていることをうかがわせる

「全国世論調査」であることに注意(笑)というかよ、これ「大阪市内の調査結果」を教えてくれよ。


大阪都構想の支持が橋下徹支持にそのまま通じるとも思えないが、果たしてどうなるか。

「共産ファクター」が遂に動く。前回選挙11万票の行方は。

http://www.asahi.com/politics/update/1105/OSK201111050144.html

共産、平松氏を全面支援へ 大阪市長選 「独裁を阻止」
 
 共産党大阪府委員会は5日、大阪市長選で再選をめざす平松邦夫市長(62)の全面支援に乗り出す方針を固めた。前大阪市議の渡司(わたし)考一氏が同市長選への出馬を撤回したことを踏まえ、橋下徹大阪府知事の当選を阻止するため支持者に「平松氏支持」を呼びかける。共産推薦候補は前回市長選で11万票余りを獲得。異例の判断は選挙戦に大きな影響を与えそうだ

人民戦線、国共合作キタ。


菅原琢「世論の曲解」は07〜09年の民主党躍進、政権交代への流れについて、構造改革格差社会への批判である、との説を一蹴、「かなり大きな要因が、共産党小選挙区での出馬を絞り込んだことである」としていた。ただ、いま同書をあらためて読んでみると「民主党社民党国民新党と協力した」ことも原因のひとつだとしている。今回国民新党は橋下支持だっけ?

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

「あらゆるデータが、小泉後の自民党の針路の間違いを指摘していた(略)世論調査は『郵政造反組』の復党を否定し、安倍政権に軌道修正を促していた。07年参院選での自民党の敗北は小泉構造改革のせいではないということは明らかだった。麻生太郎という人物が国民的人気などというのは、まさに噴飯ものだとデータは示していた。データ的に間違った方向に進んでいたのだから、総選挙の惨敗はまったくの予想通りであった」(本文より)本書は、新進気鋭の政治学者が、印象論を排したデータ分析を駆使して、マスコミ報道の問題点や、世論調査を曲解して惨敗した自民党の迷走を描き出す。

ただこの書は、全体状況の分析だから当然農村選挙区の状況なんかも含めて総合的に論じている。よくも悪くも今回の大阪選挙は都市部だけで完結する話でしょうからね。

でも、著者の菅原琢氏がtwitterでどんな分析をするかには注目している。
http://twitter.com/sugawarataku
今回、上で紹介した毎日新聞世論調査に関して

sugawarataku SUGAWARA, Taku
世論調査:「大阪都」構想を「評価する」67% - 毎日jp(毎日新聞) mainichi.jp/select/seiji/n… via @mainichijpnews ※全国調査の結果です。
 
sugawarataku SUGAWARA, Taku
大阪都構想は、地元でもそんなに知られているわけではないのに、全国で聞いてどうするのだろうか。

とつぶやいている。

気になる噂(以前だが)「創価学会婦人部の大勢は橋下支持者」。

実はタイトルの通りの内容を何かで読んだor聞いた…はずなのだが、詳しく思い出せず、それを今どこかで探そうとしても見つからなかった。ラジオだったのかなあ。

だから噂以前、と考えてほしいのだけれども、「創価学会婦人部のおばちゃんたちは橋下徹支持」というのはイメージするだけで、なんか「らしい」話なんでね。
私が遠くから見る限りでも、「創価学会婦人部」というのは「THE 庶民」!庶民の中の庶民、庶民のど真ん中……というような思考様式とメンタリティを誇る集団だ。信仰自体は日本のマイノリティだが、その他はもー庶民・・・マジョリティ的にうごく。
この人たちがそっぽを向いたら、山崎拓のように簡単に落選する、なんてことも。
橋下は知事選初挑戦の年には、テレビタレント時代の創価学会批判に同会が激怒していた…という話も聞くが、4年間知事をやっているうちに怪獣を懐柔(しゃれ)できたのですかね。

まあだれか、創価学会婦人部に詳しい人は大阪の動向を教えてください。