INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「2012年の週刊文春」は、伝説になるかもしれない。なぜこんなにスクープを連発?

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1586

いまや「総理にしたい男ナンバー1」として注目される橋下徹大阪市長(43)。

 そんな橋下市長の愛人だった女性が、週刊文春編集部の取材に応じた。

 橋下氏と不倫関係にあったのは、元クラブホステス・華原礼子さん(仮名・30代前半)。華原さんは身長160センチ、松下奈緒似の色白で清楚な美女である。現在は夜の世界から引退しているが、橋下氏と出会ったのは2006年、ホステスとして大阪・北新地の高級クラブ「A」に勤めていた頃だった。

 本誌は独自取材によって、華原さんが橋下氏と一時期深い関係にあったとの情報をキャッチし、接触に成功。橋下氏との関係を聞くと、当初はかなり狼狽しながらも、事実関係を認め・・・

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2559.html

「正直、大変な状況だ。親のポカで、子供には本当に申し訳ない。思いっきり迷惑を かけてしまった」と述べ、おおむね事実関係を認める考えを示した。

市役所で記者団の質問に答えた。市長は汗をかき、おどけながら対応。「まずは妻に説 明しなければならない。これから家でものすごいペナルティーが待っている」と苦笑いを 浮かべた。

事実関係については「全部間違っているわけじゃないが、だからといって全部事実でも ない。これは週刊誌報道の範囲だ」と・・・

これがただの浮気ではない、政局や辞任につながるような動きとなるかは?だけど、それはそれとして事実関係を認めさせたことで、珍しく序盤で決着がついた。

にしても、このところ超のつくスクープを連発している週刊文春編集部のほうがすごいわ。いったいどんな体制を敷いているのか・・・のちに「伝説」となるこの年の活躍であることは間違いない。