INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ちきりんが語る「全文革命」

「全文革命」とは当「見えない道場本舗」の造語。
会見やインタビューが、動画送信技術の進歩によりノーカットでの中継・放送が行われ、また文字数制限が無いネット上で全文掲載されることがもたらす文化・ジャーナリズム・社会状況の変化(の予測です)


はてなの有名ブロガー「ちきりん」の最近の文章が関連しているので紹介
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20111128

・・・(※橋下徹氏の)記者との質問、回答は延々と続きました。「生の記者会見がそのまま流されること」のメリットは、「報道の曲解を防ぐ」ということだけではありません。昨日の記者会見でちきりんが一番、意味があったと思うのは、「質問をしている記者のレベルが手に取るようにわかったこと」でした。

また、この記者会見を流そうとする地上波テレビがひとつもなかった…・・・(略)テレビ(および、他の既存メディアはどこも)「伝達するコンテンツの作り込み」に強いこだわりを持っています。

「作り込む」ことにこそ価値があると思っているし、「作り込みのプロ」だと自認しているのです。「生の情報をそのまま伝えるだけでは自分達の存在価値がない」と言うのでしょう。これは紙媒体も同じで、あの会見をすべて文字おこししてくれたら、それだけでバカ売れすると思うのですが、紙メディアにしてみれば「それは屈辱的なこと」なのだと思います。
ちきりんも「作り込みの価値」はよくわかります。それはそれですばらしい。しかしだからといって「生のコンテンツのもつ力」を無視したらお話にならない・・・・・・。