INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

北朝鮮から亡命事件を機に、日本情報機関の大敗北「たこ漁師ではなくイカ漁師」事件を再検証

した。
http://togetter.com/li/187918
元となる、この大事件は
http://www.heiwaboke.com/2007/06/post_951.html
に詳しい。
当時「ゾルゲ事件以来の日本情報機関の敗北」と評され(※正確にはおれが評した)また、メディアの訂正記事にまつわる歴史も想定している。
 
■「脱北の漁師家族の専門、タコではなくイカ」…誤報の訂正記事について
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20070705/p2

kettansai
、「脱北者イカタコ問題」は割とガチで重要だった模様。タコは沿岸漁業だがイカは沖合(近海)。「イカ漁師なら強力なエンジンと大量の燃料も手に入るだろうが、タコ漁師は沿岸だろ?なぜ日本まで来れた?偽装脱北者で、実は工作船では?」とか、その辺の手掛かり的な。で、「イカ漁師」と判明。
 
kettansai
なんか「生活が苦しく脱北を…」と言いつつ、船に予備エンジンが積んであったり、燃料200リットル(北朝鮮国民の平均年収の16倍)を積んでいたり、「北朝鮮の貧民」と名乗りつつ腕時計してたり、シャブを持ってる奴がいたり、色々アレな中だったので「タコイカ問題」も重要だったらしい。