INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あのはげが重い腰を上げ公式日本語ページ作成?ネットPPV中継が本格脅威になるか/シュウ・ヒラタ

これもNHBニュース経由( 雉雅威さん投稿 )で
シュウ・ヒラタブログ
http://ameblo.jp/shu1968/entry-10248097152.html

どうも来月の終わりぐらいまでには、UFCの日本語サイト、完璧にアップされてフル稼働するらしいです。
そこで嬉しいニュースは、ごく普通にネットでUFCとWECの試合が観れるようになるらしいですビックリマーク

といっても有料なので、要はオンデマンドなんですが、やっとクレジットカード決済を日本語ページで行い、UFCとWECの試合が観れるという事なんです!
何かJCBとも契約するみたいなんで、VISAやMASTER CARDに加えてこういったカードも使えて、そして一試合いくらになるかわからないですが、多分ン百円程度・・・・


日本語版ページをつくるべし、と言うのはあのたこ入道ダナ・ホワイトに、堀江ガンツ氏が何度もインタビューのたびに言っていたので、かれのお手柄と言うことになるのでしょうか。
「録画」が出来ないのだろう点があれですが、非常に重要な挑戦だと思います。
これが成功すれば、追随者も出るだろうしね。
あまり上手くいかなかったよ、という前例もいくつかあるだろうが、例えば3年前、5年前と比べても動画をPCで、ネット経由で見ます・・・ということ自体が日常化したし、実際ソフト・ハード環境も進化した。

心配だったのが、あちらのPPV相場が日本よりたいそう高いところだったが、一試合ごとにバラ売りがあるなら、これも対応できそう(特にWECとかは、日本人選手の試合だけ見ることも出来る)。


それにだ、UFCって通しで見るPPVが4000円くらいだったと思うけど、WOWOWは月2000円ぐらい(スカパー経由)だから、同局の解約を寛恕に入れればまた計算も違って来るんだよ!
日本語サイトが果たしてどんなものになるのか。
それが成功するのか失敗するのか。
他に追随者が出てくるのか。心して待て。

シュウ・ヒラタブログのスクープ?

というか、日経新聞レベルでも、一般性あるニュースとして十分扱えるような話じゃないか、これ?
と、どなたかそういう人向けに。

よくまあ、こんな情報をつかんで、公開したものだ。
井田英登氏のもとで、ジャーナリストとしても活躍した経歴はダテじゃない(のか?)。

というか私はそっちのほうしか知らなくて、「いつのまにか選手の代理人になってる?」というイメージなのだが(まあそりゃ”20%男”こと井田氏も同じか)、この前のサイボーグ戦後の抗議活動で一気に格闘技ファン層にも名前が広がったようです。それがあらかじめキーワードになっているのがはてなのすごいところだが(笑)。
プラス「彼を見直した。言うべきことをきちんという硬骨漢だ」「水垣偉弥をタイトル戦に売り込んだ手腕はすごい」という声を、私よりシュウ氏を知っているらしい人から聞いてます。
私はブログでどれだけ最新情報・オリジナル情報があるかという点でみて、これまでもそういう点ではあったのだけど、肝心の更新自体がまれだったので重きを置いていなかった。
だけど、あのサイボーグ体重問題をきっかけに、更新自体が頻繁になりつつある予兆があるので、アンテナに登録しました。
今後も「UFC、日本語ページ経由のネット放送開始」級のスクープを期待しています。