INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「史上最大のベラトール」、名勝負生まれるも「主催者の思惑が全て外れた」(MMA PLANET)

ベラトールを「MMAパ・リーグ」というわかりやすい比喩表現が、それぐらい適切なのかは分からないが、とにもかくにもその大一番興行。日本でもリアルタイムで見守る人が多かった……と書くと「え?」という人もいるかもしれないが、そこは深く論議しないように。
メインも含めた各種の試合は

http://mmaplanet.jp/
を見てくれ。
メインの試合は実は団体と選手の、今後の人生をかけた大一番、であった。
つまり、エディ・アルバレスは一種のフリーエージェントとして、今後UFCに行きたい意向があることは既に公然の秘密。それを契約上のあれこれでベラトール側は異議を唱え、そして結論として2試合契約を結んだ。
そしてWWE的なあれじゃないけど、団体にとっては「現役王者がベルトを持って、あるいは王者が負けないままベルトを返上して他団体へいく」のがいっちばん腹立つ。そこで、タイトルマッチに挑む選手には「王者になったら契約継続」など、あらかじめ長期契約を結ぶ。そして、もうすぐ出て行こうとするやつには「ポリスマン」「カットマン」と戦わせる。地味で人気無くて「こいつの試合より、アリが巣穴をつくってる光景のほうがエキサイティングだ」と言われるけど、実力者・・・という感じの人。
今回はそういうのなし(だけど2試合契約)で、「現在の団体のベルトを踏み台にして、多団体に行こうとしてる挑戦者」と「その選手に黒星をつけて、価値を暴落させてから放り出したい団体」のガチンコマッチ、だったという(笑)


……という話は、自分がはじめから知っているわけがないので、たぶんシュウ・ヒラタ氏のブログで読んだのだろう。そして……

http://mmaplanet.jp/archives/1812783.html
……最初のジャッジは48-47でチャンドラー、2人目のジャッジは48-47でアルバレス。そして、最後のジャッジも48-47でアルバレスの名前が呼ばれる――。「俺たちはここまで戦った。ブーイングは止めてくれ」と新チャンピオン、前チャンピオンは「結果はこうなった。また次、頑張るよ」と話し、激闘の場から離れた。パット・カーラン、エマニュル・ニュートンマイケル・チャンドラーが敗れ、レブニーとSPIKEの思惑が全て外れたベラトール史上最大のイベントとなった。

いくらスパイクTVが母体にあるとはいえ、今回、当初予定していたPPVが「世間に届く」ティトvsランペイジが選手の負傷で消滅したらPPVも無くなる・・・ぐらいの脆弱性があるのがベラトール。やはり少しはUFCのライバル、パリーグとして育って欲しいこともあるのだが、今回、主催者の思惑を超えた結果が出たことはどうなんだろう。第一回K-1のように、主催者の思惑を超えたことで、逆に弾みがつけばいいのだが。