INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

大阪人権博物館(リバティおおさか)の大阪府、大阪市の補助金は全額カットされていた(毎日新聞「発信箱」)

http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20081123ddn002070015000c.html

発信箱:過去の闇を照らす=佐々木泰造

 部落差別などの人権問題を専門とする大阪人権博物館(リバティおおさか、大阪市浪速区)を訪れる外国人が増えている。ガイドブックや口コミで知った欧米やアジアの研究者、学生らで月に150人前後にのぼる。


 「部落」は英語でもBURAKU。肌の色や言葉、生活習慣の違いではなく、生まれた場所のわずかな違いによる日本に特有の差別だ。他にも民族差別、性差別など、均質社会と思われがちな日本に多種多様な差別がある。そのすべてを対象とする博物館は世界でも珍しい。

 今年度、大阪府、市からの事業費を全額カットされ、自主財源(入館料や図録販売などの収入)のみでの運営を余儀なくされている

へえ、というかそういう施設の存在を知らんかった。全額カットとは、また大胆な行政改革だな。
どこが運営しているんだろう。
しらべてみると「理財団法人大阪人権博物館」。調べた意味なし。
公式サイト
http://www.liberty.or.jp/

そういえば橋下徹知事がここを視察したとかの記事があったな。