INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

小谷直之、永田克彦から一本勝ち。復活はあるか?、逆侵攻はどこに?

スポナビ

…五輪銀の鋭いタックルからテークダウンを何度も成功。逆に小谷のタックルは切って何もさせず、さらにガブリの体勢から反り投げを決めるなど、優位にコントロールしていた。
 

だが、グラウンドでの顔面打撃が認められていないZSTルールでは、永田は得意の顔面パウンドを打ち込めず、打撃はボディーへの単発のみ。関節技での一本も極められず、次第に攻め手を欠く展開になっていった。スタンドでも、しつこくタックルを仕掛けてくる小谷にクリーンヒットを打ち込めないまま、時間切れドローかと思われた最終2R4分過ぎ。一瞬の隙を突いた小谷が、電光石火のヒールホールドを極めて劇的勝利を収めた。


図ったように「ZSTルールじゃなきゃ結果は違っていたかも」と思わせるような試合展開で、これはこれで引っ張ったら面白いのだが、まあ逆に時間切れドローもありえるルールで、最後にヒールを決めた小谷勝利の価値はいささかも減らない。一般的な総合ルールで再戦をしても面白そうだが、しなくても非難されるいわれはないだろう。

まだ小谷は、一瞬の足関節技と言うナイフをさび付かせてはいなかったというのは嬉しいところ。
ZSTハンター」という永田のキャラ付けも失敗させたし(笑)そこからつながっていく「永田vs所英男」の流れも阻止できた。
スターの所英男さんから慰労のボーナスをもらっていいくらいだ。

「小谷ちゃん、今日は俺のためにゴクローさん。ほら小遣いあげっから、どっかで飲んでってよ。俺はこれから、ナオンとザギンでシースー食う約束あってさあ」と、一万円札を革の財布から取り出して床に落とすと、サングラスをして会場を出て行く所英男の姿が眼に浮かぶ(フィクション笑)、


それはともかく、もう一回小谷が、ゆくゆくはDREAMライト級のプレーヤーとして絡んでいくことはないのでしょうか。
よく分からんけど、武士道に参戦した流れで行くと佐伯繁人脈の一人なんでしょ?
DEEPで将来、昇侍なんかと戦うことになるかもね。
それはそれで楽しみだし、ZST内での外敵迎撃路線も面白いかも。ウマハノフ戦とかがあればちょっと見たい。