INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

山口二郎「都知事選勝利に共産は降りろ」赤旗は反発

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-21/2007032104_03_0.html

・・・雑誌『週刊金曜日』三月九日号に掲載された「山口二郎の政治時評」は、東京都知事選挙について、日本共産党の態度を名指しで批判したものでした。日本共産党中央委員会の植木俊雄広報部長は十六日、これにたいする植木氏の反論(「政治時評」と同分量)を同誌編集部に持参し、その掲載を求めました。・・・植木氏の反論の全文を掲載します。

                                                                                                                                                              • -

 本誌三月九日号の「山口二郎の政治時評」は、東京都知事選挙を論じています。

 山口氏は、今度の都知事選の「最大目的」は、「数々の悪行」を重ねてきた「人間失格の独裁者」である「石原を引きずりおろすこと」であり、「民主主義を愛し、人間の尊厳を貴ぶ市民は…幅広く市民の支持を得られる候補にまとまることが必要」で、その候補者は、「改革派」で「既成政党に乗らない」浅野氏である、共産党もこれに協力すべきであるといいます。

 しかし、選挙で誰が幅広い支持を得るかは、山口氏ではなく、有権者である都民が決めることです。また、現在の都政や浅野氏についての評価は、あまりにも浅薄です。
(略)
都政は、小泉・安倍と続く自民党政治の特徴を、先取りしているかのようであり、それができたのは、自民、公明だけでなく民主もくわわる「オール与党」体制が、これを賛美し、支え、励ましてきたからです・・・
(略)
・・・浅野氏の政策的立場も政治的立脚点も、石原氏よりましといえるものではけっしてありません。・・・・「オール与党」が二つに割れただけです。「オール与党」陣営の二人に対抗して、日本共産党と吉田氏が都政の転換を・・・その選択肢を最初から、しかも「民主主義」の名で排除しようなどというのは、「民主主義」を語る資格が根本から問われるでしょう。


何度か書いたけど、山口二郎は一貫して「民主党を育て、異論があってもまあよりましな側としてここに勢力を結集すべきだ」というスタンスだ。だが、週刊金曜日はまあ、社民党共産党を相変わらず支持するハードコア層が多い。

共産党の方針はともかく、共産支持層(非党員含む)が、勝手に見捨てて浅野史郎氏に集結すれば面白いんだろうけど、それがいいか悪いかもまたあるしな。
民主党に関し、非自民支持層は「集結すべきか」「第二自民党と批判し、社民や共産や国民新党などをそれぞれ支持すべきか」という問題は参院選までもつれ込むだろう。



【メモ】将棋のボナンザvs竜王はあした語るか、夜にでも。