INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ヘイ、またダナ・ホワイトがPRIDEの悪口(ディス)だぜベイベ。

http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-408.html

いやー、楽だなあ。
ここを紹介しとけばなんかブログのかっこが付くものね。てなわけで、また同サイトを経由してUFCの動向を紹介します。

「彼らは散々たわごとを言うけど、それを裏付けるものが何もない。俺はここにいるし準備は出来ている。チャックはここにいるし準備は出来ている。ヴァンダレイが試合をしたがらないという意味じゃないよ。彼は戦士だ。軽蔑したりはしない。誰の事を言っているのか分かるよな?」



「彼らはなってないぜ。多くの事を喋る。裏づけはない。お喋りが大好きなんだ。彼らはあっちでトラブルがあったんでこっちに飛びこもうとしている。そいつを実現させる為俺に調子の良い事を言ってくる。(略)このビジネスに参入するのは簡単じゃない。そいつを理解するのに6年かかったよ。彼らにとっては厳しいだろうね。全く異なるマーケットだから。

「彼らはあっちでトラブルがあったんでこっちに飛びこもうとしている」
よくご存知で。「HAN-SHAKAITEKI-SHUDAN」との関係についてUWASAが立ったものでね。


ま、それはそれとしてダナ。
UFCは「われわれはリデルを3回にわたって貸し出したのに、PRIDEは見返りを何もしない」という主張をよくする。
(リンク先インタビューでも、リデルがプライドの10月のラスベガス大会で戦うか聞かれて「そんな事ありえない。絶対ないね。馬鹿げているよ。もう3試合もやっただろう・・・」)

しかし、日本で流布されている話だと、中村和裕を貸し出そうとしたというのは論外として(ある意味、一番効果的な「UFC潰し」?)セルゲイ・ハリトーノフ派遣がほぼ本決まりだったが、相手となるべきティム・シルビアが逃走し、結局流れてしまった・・・・ということになっている。

ただ、最終的に流れたカードというのはなんとも確定が難しい。
だれか、ダナ・ホワイトティム・シルビア本人に、この話の真偽をぶつける人はいないか?

これが事実として、そこから「ハリなんて無名なんだから、その時点で引き合わないよ。UFCに理がある」となるか「いや、PRIDEヘビー級Tの4強の一人。十分見合う相手じゃないか」となるか、これはその後の議論だ。


とりあえず、うわさの状態で、それも日本だけで流布していたんじゃ東は東、西は西になってしまう。
原詩のように、それを乗り越えられるか。