【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

カート・アングル格闘技転向の背景を探る(斎藤文彦コラムから)

アメリカのボーイズに動きがあるならば、この人が何を言ってるかを知らねばならない。
ただ、最近週刊プロレスになかなか目を通せないの。なぜかというと売ってるところが減ったからだ。
いや、マジマジ。

そんで、今日遅ればせながら目を通してみましたよ。
以下、格闘技関連部分を紹介


「ボーイズはボーイズ」週刊プロレス1335号

”金メダル男”アングルのWWE退団が明らかになったとたん、UFC,WTA,ブードッグ・ファイト、WAMAといったプロ格闘技の団体がアングルの獲得に動き始めた。
MMA最大大手のUFCアングル対ブロック・レスナーアングル対ダニエル・ビューダーの”究極のリアル・ファイト”をプロデュースしようとしているという。
UFCはアングルの1試合のファイトマネーをWWEでの年俸と同額にすることを契約交渉の条件に提示している。UFCのオファーは、アングルの代理人が日本のK-1,PRIDEとも接触するであろうことを想定しての予備協議と見られている。
WWEのライバル団体を辞任するUFCは、アングルの一般的知名度の高さをMMAとマスメディアのリンクととらえている。


引用者申す。
1、いくらトップクラス選手で、その価値はあるだろうとはいえ1試合=年俸とは剛毅な。
実はこれ、PRIDEの「プロレス潰し」の踏襲でもある。
さすがにプロレスvs格闘技も後期に入れば、プロレスの分が悪いことはバカでもない限りわかる。
が、それでもそれなりの名前のあるやつらが参戦してきたのは、ぶっちゃっけ負けそうであってもPRIDE一試合≧プロレス1年だったりしたからだ。特にメジャー以外の選手だったらなおさら。
ある程度負けは覚悟しているかもしれない。


実は軍師たる臣、昔UFCに謹んでこの「呑プロレスの計」を献策したのだが、そのころ白帝(ダナ・ホワイト)は「PRIDEとは違うんだから、プロレスラーを上げたりはしない」とか言って臣の献策を退けた。


http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20051108#p1

前、UFCについて書いたときに「WWEをクビになった選手をイケニエにして倒せば、大衆的人気をさらに得られるんじゃないか?」と書いたことがある。いくらスポーツ・エンターテインメントだとしても、小さい子供の中には真のファイトだと思ってる人もある程度の割合はいるだろうし、本気でやれば強い、という幻想もあるだろうからね。

ところがダナ・ホワイトは「シロートとUFCファイターのカードなんか組まない。そんなことをしたら・・・まるでPRIDEやK-1じゃないか(意訳)」といっている

それが採用されることになるとは。


2、もしブロック・レスナーがほんとにアングルとやるとしたら、これも臣が献策した「UFC/K-1同盟」の復活でありましょうか。くしくもやはりタカシマンボの予言が成就し、、やっぱり11月にはリデル対シウバは無いんじゃないかとの声が。



UFC/K-1同盟を提案す。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050106#p1

UFC/K-1同盟再論・・・対話編

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050107

世界を揺るがす? 枯れ尾花?「UFC/K-1同盟」
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060131#p1

ホイス・グレイシーオクタゴンに復帰。そしてK-1UFCが・・・

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060118#p1




3、カート・アングルと日本では無名の「ダニエル・ビューダー」との因縁が分かるのは「ひねリンブログ」だけ!

http://hinerin.blogspot.com/2004_11_01_hinerin_archive.html

にて
Monday, November 08, 2004
WWEでカートアングルがシュートマッチ?


Saturday, November 20, 2004
アングル vs ピューダー@オブザ (デイブ vs UG格ヲタ)

のふたつの記事が読める。