INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

誰もやらないからここでやる!アフリクション・カウントダウン(2)ヒョードル復活

皇帝陛下が、再び玉座を離れ米国へ親征に向かわれる。


ヒョードルに関しては、ダナ・ホワイトを筆頭にこういう言い方がされる。
「たしかに強いが、強敵を避けている。本当に王者にふさわしい挑戦者を迎えたのは2005年のミルコ以来。あとはお茶を濁すような相手だけだ。」
「ランキングは、ランカーと闘わなければ自然に落ちていく。だからヒョードルを最強とは呼べない」。


しかし、そんな男に今回用意された相手はティム・シルビアだ。
これも何度か書いたが、どうもWOWOW加入も遅く、UFCにちょっと縁遠かった私はシルビアの過小評価癖というのが抜けなくて困る。
ミルコの「でかくてちょっとボクシングができるなら。ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキヤと同じ程度だろ?」という抜群のキャッチコピーがいまだに残っているということもある(笑)。
しかしつい最近、そしてもうすぐWOWOW放送がある、ノゲイラをKO寸前まで追い詰めたあの試合によって、PRIDEやリングスを見続けたファンもシルビアを認めざるをえなくなった。
実は上の、ランキングうんぬんはノゲイラが言ってたわけだが(笑)、今回シルビアに勝てるか、その勝ち方はどうかによって、ノゲイラヒョードルの因縁はふたたび動き出すことになる。以前、「ここで立ち上がらなければ、永遠に二番手と呼ばれる」というノゲイラの煽り映像があったのだが、団体が分かれてもそうなるかも。
もちろんシルビアが勝利し、チームPRIDE対チームUFCペナントレースでまたまた差が開く結果となるかもしれないが。