INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「元気ですかーっ?」 須藤元気氏が東京15区からの立候補に意欲?バシャールのお導きなの?

「元気ですかーっ?」(ダブルミーニング

自民党による裏金問題で与党に大逆風が吹く中、岸田政権の命運を左右する選挙になると見られているが、そのうちの1つ、東京15区補選では、立憲民主党内から格闘家で参院議員の須藤元気氏を擁立する案が浮上していることが、複数の関係者への取材で分かった。
(略)
 自民は、15区で活動していた柿沢未途衆院議員が公職選挙法違反容疑で逮捕、起訴されたばかりで、まだ候補者を擁立できるかどうかも不透明だが、こうした中、立憲では須藤氏を擁立する動きが出始めているという。

 立憲関係者は語る。

 「もともと15区補選には、昨年12月に行われた江東区長選に立候補した酒井菜摘氏を擁立する方向で立憲内では検討が進められていたが、執行部からは『もっと強い候補を立ててほしい』と難色が示された。こうした中で、江東区出身の須藤氏の名前が急浮上した形だ」

news.yahoo.co.jp


ちなみに立憲民主党は、須藤元気が勝とうが負けようが出馬すれば現在の立民比例枠で須藤が持っている1議席が返上され、そこに繰り上がり当選が入るのでおいしいとか。




東京15区より
ブレイキングダウンとか、シバターとの試合とかに出てほしい。



・・・・というのが本音。シバターと須藤元気もし闘わば。


しかし、バシャールが命じているかもしれない。

須藤元気、知的生命体「バシャール」と、時空を越えた対話をおこなう。先端の量子物理学の世界をみても感じるように、私たちが暮らしている世界は、目に見えているものだけでなく、見えていないが、より本質的な世界があるのかもしれない。須藤元気が、ウィットに富んだ軽さの中に、白熱した知性をぶつけあった、知的生命体BASHARとの全対話記録。2007年8月に日本でおこなわれた、須藤元気と、ダリル・アンカのチャネルするBASHAR(バシャール)との3日間に及ぶ、時空を越えた対話。須藤元気からは、前作「レボリューション」(講談社刊)もそうだが、地球環境や人類の未来、貧困と富など、地に足のついた心やさしいスピリチュアリティへの視線を読み取ることができる。その須藤元気が、量子物理学などの最新の科学・哲学への深い知識を基に、地球や人類の未来について「バシャール」と対話した。巻末にむかってスピード感を増していく対話に登場するのは、実にさまざまなテーマ。「ポジティブな世界とネガティブな世界のパラレル・ワールド化」「2012年に起こること」「2012年ー2025年ー2033年ー2050年のタイムスケジュール」「枯渇しないエネルギー」「巨大ソーラー」「冨と貧困」「ビジネスの未来」「子どもの教育」「世界の根本物質構造」そして「須藤元気自身の過去と未来」についても語られていく。<スリリングな対話の一部ピックアップ> ◆ポジティブなエネルギーの臨界点は2012年に上にブレイクし、加速を続ける。 ◆同じく、下方向にブレイクするひとびともいる。 ◆無数にある、私たちが体験するリアリティ。それらは「パラレル・リアリティ」である。 ◆個人が体験するリアリティは、その個人が「選択」する。 ◆ポジとネガは、どんどん二極化していく。 ◆あなたが体験する物理的現実は、あなたの外側にあるのではなく、あなたの内側にある。 ◆地球への転生と地球人口の変化。 ◆驚きの事実。将来のAIのコンピュータと話すとき、実はあなたは、自分自身のハイヤーセルフと話している! ◆地上の氷は、どの程度溶けてしまうのか? いつ頃溶けてしまうのか? 水位の上昇はどの程度か? ◆無尽蔵のゼロ・ポイント・フィールド(量子ゼロ場)からのエネルギー。その構造。 ◆世界の根本3重構造。こうやって、世界は構成されてきた。 ◆フリー・エルギーの先端研究者にも欠けている、決定的な粒子の視点。 ◆黄金比は、私たちに驚異的な装置をもたらす。 ◆神はサイコロを振るとも言えるし、振らない、とも言える。両方が正しい。◆宇宙第四法則「あらゆることは変化する」 ◆情熱を行動することのチカラ。指導者の本質的な教えは「行動」からしか生まれない。◆須藤元気の魂は、どこから来て、どこに向かおうとしているのか?

須藤元気

須藤元気の魂は、どこから来て、どこに向かおうとしているのか?


いや、俺も知りたいよ!