INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

お散歩日常系漫画「はるかリセット」61話が…「ハンセン病資料館」に行く話でした。

オータム書店…じゃねえや、秋田書店系、すなわちチャンピオン系漫画サイトが「マンガクロス」。
mangacross.jp

どれがWEB独自の漫画か、どれが雑誌掲載を時間差で掲載しているのかわからないが、この「はるかリセット」はチャンピオンRED掲載のはず。コミックウォーカーで読めたんだから。

どんな漫画か説明…が微妙にめんどうくさいので、自身の公式PR文をきく。

mangacross.jp

はるかリセット
野上武志
カテゴリー大人
ジャンル
日常系趣味料理・グルメ
日本人よ、休もう!
忙しく過ごす日常のスキマにも、ワンダーランドは隠れてる!
ご近所散策、銭湯、近場グルメ、公園満喫…極上のエンタテインメントはすぐそばに!
はるかと一緒に最高の休日を楽しもう!

あと、第一話を読めば、それが最高の自己紹介になるはず……

はるかリセット 【コミックス最新5巻発売中 !】 | 野上武志 |試し読み・無料マンガサイトはマンガクロス

ま、こーいう話で、基本は、「遠方でなく、(東京の?)近郊的なところで」「あまり時間をかけず」「見たり歩いたり遊んだり食べたり飲んだりして」「リフレッシュする」というコンセプトのショート漫画です。月刊誌で20P前後なら、ショート漫画でいいかな?

これっぽいコンセプトの漫画、珍しい訳でもなんでもないじゃないですか。
くーねるまるた」なんてかなーり重なるし、「野武士のグルメ」もある。今書かないと忘れるけど、1990年代のSPA!に連載されてた松井雪子「おじゃましまっそ」好きだったな。


だから、この作品はふつう、掲載されてるのに気づけば読むけど、読み逃したら読み逃してる、みたいな肩の力を抜いて鑑賞してる。好きも嫌いもない、というか……。
もちろん作者さんが
「戦車学校」や「手塚治虫TVアニメ創作秘話」「まりんこゆみ」「蒼海の世紀」等の作品を生んだ端倪すべからざる才の持ち主だとは知っているが、そちらから見てもチェンジアップ的なものだろう、と。


しかし、偶然9月2日UPの、この61話を見る………。
はるかリセット 【コミックス最新5巻発売中 !】 | 野上武志 |試し読み・無料マンガサイトはマンガクロス

「はるかリセット」ハンセン病資料館に行く(61話)野上武志
「はるかリセット」ハンセン病資料館に行く(61話)野上武志

主人公は東京西部に在住しているという設定なので、
ハンセン病資料館のある旧療養所… 東京都東村山市青葉町へ行く、というのも近場の探索には違いない。





ではあるが、作中で自分達もセルフツッコミしているように、間違いなく毛色の違う、「異色回」だ。
なぜ、この回、これが描かれたのか。

それは読むことで、わかる部分もあるかもしれない。

「はるかリセット」ハンセン病資料館に行く(61話)野上武志

自身も、この目で見たいという方は。

所在地
〒189-0002 東京都東村山市青葉町4-1-13 GOOGLE MAPで開く
連絡先
TEL:042-396-2909 / FAX:042-396-2981
開館時間
午前9時30分 ~ 午後4時30分 (入館は午後4時まで)
入館料
無料
休館日
月曜および「国民の祝日」の翌日。
ただし、月曜が祝日の場合は開館。年末年始。館内整理日。
交通案内
公共交通機関
西武池袋線 清瀬駅南口発 西武バス
久米川駅北口行き ハンセン病資料館」下車(所要時間 約10分 )
西武新宿線 久米川駅北口発 西武バス
清瀬駅南口行き ハンセン病資料館」下車(所要時間 約20分 )
JR武蔵野線 新秋津駅発 西武バス
久米川駅北口行き 全生園前」下車より徒歩(所要時間 約20分)
JR武蔵野線新秋津駅」、または西武池袋線秋津駅」から徒歩(所要時間 約20分)
www.nhdm.jp


企画展「生活のデザイン ハンセン病療養所における自助具、義肢、補装具とその使い手たち」 関連イベントのご紹介

なお、単行本は6巻まで出てて、どこかに収録されているか、いないか(いいかげん)



あと、せっかくだから逆に、今サイトにUPされている中で肩の凝らない回も紹介しておこう。都内のクラフトビールが飲める場所探訪。
はるかリセット 【コミックス最新5巻発売中 !】 | 野上武志 |試し読み・無料マンガサイトはマンガクロス

はるかリセット47話、クラフトビール飲み歩き