【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

【難題】「〇〇ってベタだね!」で笑わせるギャグ漫画(ウィッチウォッチ)が、色んな王道漫画を後ろから撃ってる件

今週のウィッチウォッチ。



つまり、今回のテーマは


===========================






そしてこんな事故も起きる
(掲載順が、直後だったのです)





アニメ第二期がはじまったばかりの
鬼滅の刃にだって飛び火しかねないだろうよ。
m-dojo.hatenadiary.com



しかし、改めて思うのは、どんな苦労に苦労を重ねて作り上げられたキャラクター造形でも、それが「ベタだなー」と言われるのは一瞬なんだなあ、ということだ。

f:id:gryphon:20211116085706j:plain
ウィッチウォッチで「ベタキャラ」がテーマに。細目の関西人は有能だが裏切る?

細目(ここぞの時には見開く)、関西弁、言う事が道化っぽいが切れ者、だけど裏切りそう………って、何人が苦労してそういうキャラを完成させたんだよ…。
(なお、こういう属性を「ぜんぶ」乗っけると、そういう該当者は実際はいない、というのはベタキャラあるあるだ)


最近でいえば、こういう多士済々を完成系と言えるまでに持って行ったのは、篠原健太氏も何度もオマージュを捧げ、強く尊敬しているだろう「ハンター✕ハンター」だろうけど、あれだって、つい最近の作品……最近の…でもないな!!!!
いや、それはともかく、
「ベタだなあ」フィルターのメガネをかけられると、王道漫画もまぁやりにくいこと。そういう人たちへのフレンドリー・ファイアーであることを承知の上で、ギャグ漫画家はそれを「コラテラル・ダメージ」だと覚悟完了してぶっ放す。

そしてそれは鋭い評論、批評となる。
10年も前、スケットダンス銀魂のコラボを紹介した時の言葉は、そのまま使える。

評論はパロディの代わりは出来ないが、優れたパロディとツッコミは、それ自体が批評なんだ。
m-dojo.hatenadiary.com

今回の作品だって、このブログで 創作系譜論  という準タグを埋め込んで研究してるような話を、たった一話で語り尽くしてる。
m-dojo.hatenadiary.com

これも、まさに「批評」だよ.
omocoro.jp



だが、批評家があまり好かれないのも世の常…。

シベリウス『批評家の言うことを決して聞いてはいけない。これまでに批評家の銅像が立てられたためしはない。』
https://www.a-inquiry.com/ijin2757/

とりあえず、篠原氏は、王道漫画家が出席する同業者の飲み会に
誘われなくなるのではなかろうかと(笑)




まったくの余談だが、今週号で武道漫画が最終回。
お疲れさまでした。未読なのでどんな展開で、どんな武道が出てきたかはわからない。