【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ルパン三世5、6話は芦辺拓脚本。「帝都」舞台に黒蜥蜴や”黄金仮面”、明智も

第5話 「帝都は泥棒の夢を見る 前篇」

「一体これはどうなってんだ!?」なぜかルパンが降り立ったのは、昭和初期の帝都東京。そこでルパンは、銭形そっくりの警部・波越に追い回される。ルパンを救ったのは、これまた不二子そっくりの女盗賊・黒蜥蜴。彼らは皆一様に、ルパンのことを「黄金仮面」と呼ぶのだった……。幻のような異世界で、ルパンは果たして何を盗む!?

キャスト
栗田貫一大塚明夫浪川大輔沢城みゆき山寺宏一ほか
スタッフ
脚本:芦辺 拓
lupin-pt6.com

f:id:gryphon:20211114102535p:plain
ルパン三世 芦辺拓脚本

自分がabemaTVなどの「配信」で見られるようになったら、てきめんに放送日を気にしなくなり、そして土曜深夜の「日曜」を勘違いしちゃったために、このブログ記事が地上波放送(日本テレビ)の放送後になってしまったのはうかつだった。
各種配信への未加入者は、月曜放送の「BS日テレ」がいいだろう。あした15日は第4話なので、その翌週です。

毎週月曜23:30〜
www.bs4.jp

これから見る(※その後鑑賞済み)のであらすじからしか想像するしかないが、ルパンたちなら「なぜか」で、こういう世界に降り立ってもらうのも全然アリ。
同時進行で少年チャンピオンでは、いわゆる「異世界」にも行ってるのだし(笑)


それはそれとして、こうやって、あの時代の乱歩などの古典的なミステリ世界をクロスオーバーさせるのは、芦辺拓氏の十八番だ。

さらに想像をたくましくするなら
鬼滅の刃」の時代からはそれなりに経過しており、この世界に戦いを終えた彼らがいるなら、一家を成していい年になっているだろう。
緋村剣心たちも長生きしていれば、帝都にいてもおかしくない。




しかし、芦部氏「脚本」を執筆したのかな。その場合、放送時間との兼ね合いなどもあって、小説と脚本はやはり違うんだろうな。

あとからSNSで質疑できた