【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「『ミュンヘン五輪テロ犠牲者追悼』は遺族の50年の悲願。バッハ会長(ドイツ人)のみが耳を傾けてくれた」のですって。



www.reuters.com

東京、7月23日(ロイター)-1972年のミュンヘンオリンピックパレスチナ武装勢力に殺害されたイスラエルのオリンピックチームのメンバーは、金曜日の東京オリンピックの開会式で、49年ぶりに黙祷を捧げた。

この動きは、犠牲者の親戚(一部はスタジアムにいた)とイスラエルのナフタリ・ベネット首相によって歓迎された。

「この重要で歴史的な瞬間を歓迎します。彼らの記憶が祝福されますように」とベネットはツイッターに書いた。


殺害された11人の家族は、長い間、国際オリンピック委員会に大会の開会式で1分間の黙祷を行うように求めていましたが、半世紀近く断られていました。

開会式でアナウンサーは、「私たちオリンピックコミュニティは、悲しげに私たちを去ったすべてのオリンピック選手とコミュニティのメンバーを覚えています。特に、オリンピック中に命を落とした人々を覚えています」と語った。

スタジアムが暗くなり、柔らかな青い光が差し込むと、アナウンサーは「1つのグループが今でも私たちのすべての記憶の中で強力な位置を占めており、ゲームで失ったすべての人々、つまり1972年ミュンヘンオリンピックイスラエル代表団のメンバーを支持しています」と付け加えました。アリーナの照らされた部分。

1972年9月5日、イスラエルのオリンピックチームのメンバーは、ヨルダン内戦グループのパレスチナ人の武装勢力によって、安全性の低い選手村で人質に取られました。

24時間以内に、11人のイスラエル人、5人のパレスチナ人、およびドイツ人の警官が、スタンドオフとその後の救助活動が銃撃戦に突入した後、死亡しました。当時のIOCは、ゲームを停止または中断しないことを決定しました

「涙が流れる」

スタジアムでの式典を見た未亡人のイラナ・ロマーノとアンキー・スピッツァーは声明のなかで、「ミュンヘンで殺害された夫、父、息子のためにようやく正義が行われた」と述べた。彼らは攻撃で夫(重量挙げ選手のヨセフ・ロマーノとフェンシングのコーチ、アンドレスピッツァー)を失った。

「私たちは49年間の苦闘を経験し、決してあきらめませんでした。(私たちは)涙が流れるのを止めることはできません。この瞬間、私たちは待っていました」と彼らは言いました。


イスラエルの文化・スポーツ大臣であるヒリ・トロッパー氏は、記念の瞬間は「歴史的正義」であると述べた。

東京オリンピックは開幕したばかりですが、すでに歴史的なオリンピックです。49年後のメインステージで、開会式で、ミュンヘンオリンピックの犠牲者である11人の英雄が言及されました」と彼は言いました。「決して遅くなるよりはましだ」

黙祷の瞬間が含まれることは、反ユダヤ主義に反対するキャンペーンを行う国際ホロコースト記念組織であるマーチ・オブ・ザ・リビングによっても歓迎され、「長い間延期された」と述べた。

殺害された人々の親戚は開会式で彼らを覚えておくように求めていましたが、IOCは以前にそれらの要求を無視していました。

2016年、IOCは式典の記念の代わりに、リオデジャネイロオリンピックの選手村の緑豊かな場所に喪の場所を開設し、ロマーノスピッツァーが出席してオリンピック中に亡くなった人々を思い出しました。

喪の場所は、ガラスに包まれた古代オリンピアからの2つの石を特徴としており、当時スピッツァーによって「閉鎖」と表現されていました。


ミュンヘンのテロは、「パレスチナ問題」が絡み、イスラエルは直接の報復暗殺に踏み切ったりしたから、話はややこしくなるのだが…



マイブクマ感想

「『ミュンヘン五輪テロ犠牲者追悼』は遺族の50年の悲願。バッハ会長(ドイツ人)のみが耳を傾けてくれた」のですって。 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

誰かにとってのぼったくり男爵は、誰かにとっての英雄なのだ。

2021/07/24 03:02
b.hatena.ne.jp


こんな反応も








本日、WOWOWで「ミュンヘン」放映だとか

コメント欄より

id: ku-pa-

本日12:15よりWOWOWシネマスピルバーグ監督の「ミュンヘン」放映です。
https://www.wowow.co.jp/detail/020004/-/02


ミュンヘン

7/24(土)午後0:15

8/7(土)午後1:00


S・スピルバーグ監督が、過去の史実に基づいて描いた衝撃の問題作。テロへの報復措置として駆り出されたイスラエルの極秘暗殺部隊。その苛酷な運命を凄絶なタッチで描写。

1972年、ミュンヘン五輪開催中に起きたパレスチナ・ゲリラによるイスラエル選手団襲撃殺人事件。これに対する報復措置として、イスラエルはテロの首謀者たちを暗殺しようと、極秘作戦を計画。その密命を受けた精鋭部隊が苛酷な任務を果たしていく様子を、スピルバーグ監督が凄絶なタッチで描写。その果てに、血で血を洗う報復合戦のむなしさを浮き彫りにし、今日のわれわれが直面する倫理的課題にも鋭く迫る。出演は「ハルク」のE・バナ、本作と同時期に6代目007俳優に抜擢されたD・クレイグら。
My番組登録者数
490人
S・スピルバーグ監督が、過去の史実に基づいて描いた衝撃の問題作。テロへの報復措置として駆り出されたイスラエルの極秘暗殺部隊。その苛酷な運命を凄絶なタッチで描写。

1972年9月、オリンピックが開催中のミュンヘンで、パレスチナのテロ集団がイスラエル選手団を襲い、11人が命を落とす。激怒したイスラエル政府は、自分たちの手で首謀者に報復することを決意。秘密諜報機関モサドの一員であるアヴナーをリーダーとする精鋭部隊が結成され、テロ首謀者と目されるパレスチナ人を犠牲者と同じ11人、暗殺するという極秘計画に乗り出す。アヴナーはスティーヴら仲間4人と行動を起こすが……。


www.wowow.co.jp