INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

【メモ】中東の剣と剣術について




このへんのことは何の知識もないが、シャシュカとは、コサックのサーベルのことだと今知った。


おそらく、中東の刀は馬に乗ったまま振り下ろす、使うというのに重点があるのではないか、という気はする。

それよりわからないのは、中東も西洋も含め、諸外国だってそりゃ、刀をこんなふうに振って、こう裁くのだ!!みたいな技術体系はあったのだろう。
それが、たとえば「〇〇流」とかの各流派があるのか、そこは開祖がいて、道場を開いて、秘技は一子相伝で受け継ぐのか、音に聞こえ、いまでも中東の講談(あるのか?)で語られるような剣の名人の固有名詞がいるのか……

考えてみれば、わからんことだらけだな。「中東の」じゃなくて、日本以外の諸外国の「剣術」…というか、そういう技術を伝える仕組み。


そのジャンルの小説家も「西洋の剣術(フェンシングはまた別)は失伝している」と語る

こちらについては、まとめができていた。
togetter.com