【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「強い、ヤバイ」系逸話満載のレジェンド、ダニー・ホッジ氏逝去。

togetter.com


記憶に基づき、断片的に。

ルー・テーズ
「ケンカ最強といったら、なんといってもダニー・ホッジだろうね」
「テーズさんと喧嘩したら?」
「私はホッジと喧嘩するほど、愚かではない」

とはいえテーズは、ホッジをリングの上でキレさせたことも…だがテーズが悪い訳ではない。

―ホッジも元々は切れたがる人じゃないですよね?
流智美:本当にいい人なんだけど、キレると1本目はこうなって2本目はこうなってというのも、予め決まったフィニッシュもどういう技で決めたらいいのかも全部忘れてちゃう。だからこそアメリカのメジャーではあの人は売れない。

なんで切れたかというと、テーズが、会場を盛り上げるためにホッジに平手打ちをしたんだろうだ。そうすると、「目がトロン」となるのだそうだ。
それが、ホッジが切れて段取りを忘れ、ガチのボクシングパンチを打ち込んでくる前兆・・・・・・慌ててテーズはリングサイドに逃げ、ホッジに正気が戻るのを待った。

控室に謝りに来たホッジだが…
「テーズさん、私はあなたを本当に尊敬しています。このツアーにも声をかけてくれて…(※じつはテーズは「用心棒」としてホッジを帯同することが多かったそうな)。ですが、いや、ですからこそ…平手打ちはやめてください。あれやられるとキレちゃうんで…」
テーズ、やべーやつだなあと思いつつも快く了承する。

だが、その次の日に…テーズは当時としては派手な飛び蹴り、ドロップキックを放つ。盛り上がる会場。しかしホッジの眼がトロンと(後略)
控室で「テーズさん、私はあなたを本当に尊敬しています。ですがドロップキックだけは(後略)」
テーズは「じゃあ何すりゃいいんだ」と思ったとか。

そのテーズやロビンソンは初期のUFCを見ながら、「俺も若かったら…」的なことをいいつつ、「一番向いてるのはホッジ」と口をそろえた。
ホイス・グレイシーが、テーズたちもお気に入りのダン・スバーンに苦しみつつも、ガードポジションを守って、そこから三角絞めで辛勝したことがある。

テーズたち、そのホイスのガードポジションを見て
「ここからホッジなら、耳を掴む。そしてびりっと両耳を引きちぎる。それでまあ終わりだろ」

そういうシュートを売り物にするレスラーに対しては、それ「だけ」では絶対に評価しなかったジャイアント馬場も、ホッジについては絶賛。

「強い奴は、リング中央で組み合った瞬間にわかる、『ガチッ』とした感触でね。だけどねえ…ホッジと組み合った瞬間って、ガチっをとびこえて「ピーン」って感じなんだよ。」とね…

ぶっちゃけ、その種の逸話や周囲の評価・噂を、ここで応用して使わせてもらっている(笑)
m-dojo.hatenadiary.com


もちろん、こんな談話はそもそも頑固おやじの繰り言であり、どこまで客観的なファクトかはしらない。


ただ、ある時期は「こんな年になってもまだリンゴを握りつぶせるようじゃ、変り者と思われそうだから…」と何をいまさらな遠慮により中断していたリンゴパフォーマンス、晩年は開き直ってやり続けたようだ。

f:id:gryphon:20201228025557j:plain
晩年でも、ふつーにりんごを握りつぶせてたダニー・ホッジさん



「わしも年だな、今では4回ぐらい力をこめないと握りつぶせなくなった…」とか嘆きが聞こえてきそうな動画だ、が。
俺は100回やってもできないよな…

26:実況厳禁@名無しの格闘家
新日プロにレフリー(56歳くらい?)として来日した時、外人控え室のシャワーの栓が回らなくなって大騒ぎになった。原因はホッジが使ったとき栓をかる~くしめたらしい・・・。
実際、握力何kgくらいあったんだろう?


そんな伝説が、よく似合う人だった。安らかなれ。