INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

大金持ち、危険な山に「宝」を置き『欲しけりゃ探せ!』→遭難者続出、の時、何かの罪や賠償責任は問われるか

…アンティークディーラーのフォレスト・フェン氏(86)が開催している宝探しは、サンタフェの北に位置するロッキー山脈に多くの人を引き寄せてきた。しかし…(略)… ウォレスさんとみられる遺体が発見されたのは18日。ウォレスさんが宝探しをしていた岩場からそう遠くないリオグランデ川に浮かんでいた。
 ニューメキシコ州警察のピート・カセタス署長は、宝探しがあまりに危険になっているとしてフェン氏に中止を求めてきた。
 署長は「これが続けば、また誰かが遭難し、捜索が行われ、誰かが死亡する」と述べ、「フェン氏に問いたいのは、それを避けるために我々に何ができるかだ」とした。

(略)
同氏が2010年に自費出版した回顧録The Thrill of the Chase」に書かれたヒントを頼りに、7年前から多くの人が一帯を訪れている。

 途中で道に迷った人もいるが、当局は正確な数を把握していないとしている。フェン氏の言う「宝」は同氏の孫娘だと信じ、つきまとった男もいた。

 フェン氏の回顧録には、9つのヒントをちりばめたとされる詩が書かれ、財宝の入った箱が埋まった場所に人々を導くとされる地図が描かれている。

 同氏は、約7.5キロの金、有史以前の貴重な腕輪、首飾り、宝石が詰まったブロンズ製の箱を実際に隠したと話している。一部のトレジャーハンターはその価値について、100万~200万ドル(約1億1000万~2億2000万円)と推計している。

 フェン氏は追加のヒントを小出しにしてきた。この宝探しについてブログを書いている男性によると、世界中からニューメキシコに集まった人は過去7年で10万人を超えた。

jp.wsj.com

これ、ことし6月に発見されたそうだ。

www.cnn.co.jp
フェンさんが隠した宝箱には、金塊やルビー、エメラルドなどの宝飾品が詰まっていた。

「それは星空の下、ロッキー山脈のうっそうとした森林の中にあった。私が10年以上前に隠した場所から動かされていなかった」とフェンさんは記している。「探し当てたのは私の知らない人だった。だが私の詩が、彼を正確な場所に導いた」

フェンさんが地元メディアに語ったところによると、財宝は匿名の男性によって数日前に発見された。この男性からフェンさんのもとに、見つかった財宝の写真が送られてきたという。

財宝には推定100万ドル(約1億1000万円)以上の値打ちがある。フェンさんが宝探しを仕掛けたのは、人々に自然を探検してもらい、金融危機の影響を受けた人に希望を持ってもらうのが狙いだった。


この人は、生きる希望とか自然を探検とかを理由としているけど、直接のきっかけは不死の病の宣告、あるいは老境の自覚だった。

……1988年にフェンさんはガンと診断されます。死を覚悟したフェンさんは、25cm×25cm×15cmほどのロマネスク様式の箱を用意して、15世紀頃の宝石・金貨・ニワトリの卵ほどの大きさもある金塊・古代のヒスイ彫刻・エメラルド・ダイヤモンド・自伝の写本などを収めました。その価値は総額およそ200万ドル(約2億1000万円)といわれています。当初、フェンさんは財宝が詰まった箱を抱えたまま山の中で死ぬつもりだったとのことですが、その後ガンを克服し、この計画は中止となったため、宝箱はフェンさんの自宅にある金庫で保管されることになりました。

2010年、フェンさんは再び自分の遺産を整理する時期だと考えて…

gigazine.net


まあ、安全に探検や宝探しをしてもらうしかない、無茶して遭難死はさすがに対応外だ…と言われてもそれは納得するんだが、一方で正直なところ

f:id:gryphon:20201212090730j:plain
カイジ 鉄骨渡りゲーム
f:id:gryphon:20201212090026j:plain
カイジ 安全であることの愉悦

なんじゃない??
とも、思わないでもない…高額商品を餌に、鉄骨を渡らせてるのと同じじゃないか?とも。

賭博黙示録 カイジ 7

賭博黙示録 カイジ 7

賭博黙示録 カイジ 8

賭博黙示録 カイジ 8

その一方で高い報酬を約束して、当事者に納得させて、危険なことをさせるのは、ボクシングやモーターレースの観客も同様ではないか、というところまで理論的には考えが及ぶ。



こんなことを考えたのは…

news.yahoo.co.jp

――たとえば「●分で飲んだらお金がもらえる」というゲームだった場合はどうか?

このような場合、少し難しい問題があります。

お酒を強要したのであれば、先ほど述べたように犯罪になりえますが、テキーラチャレンジというゲームに自分から志願して飲んだのであれば、お酒の強要とはいえないので、犯罪にはならない可能性が高いからです。

ただし、ゲームやレクリエーションのかたちをとっていたとしても、言語・非言語の同調圧力や忖度があったり、「やってくれなきゃ指名を外そうかな」のような不利益をチラつかせられるということもあります。

このような場合は、単にゲームに志願したという点だけをとらえて、「犯罪ではない」「自分で飲んだ」とは言い切れない場合もあると思います。

●周りの人も罪に問われる可能性

――もし仮に一気飲みを煽っていた人がいた場合、その人たちも罪に問われますか?

みなさんも気を付けなければならないのが、直接、一気を強要した人ではなくても、その場にいた人が犯罪になる可能性があると(後略)