INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

小池百合子都知事を環境大臣時代に取材した、藤吉雅春氏(現Forbes JAPAN編集長)の回想ツイートがめちゃ面白い。

選挙結果に際し、すべての民意に敬意を。
そして、それはそれとして。
こんなツイートがおもしろかった

ツリー上になっているが、仕様のあれこれがあるので、最初と前半を埋め込んで、その後はコピーで



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
自民党の人たちが編集長に電話をかけて、小池を叩けって言ってるんでしょ」と小池さんは言いました。「編集長のことは知りません」と私は言い、「あなたは一体、何を書くつもりなの」と小池さんは言いました。「私が一番面白いと思う話。それがエジプト時代の話です。特にお父様のことを」。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
それ以来、長い取材が始まるのですが、小池さんから時々携帯に電話がかかってきて、「父のことを取材するのはやめてください」と言われました。「なぜダメなのでしょうか。立派なお父上ではないですか。私は悪く書くつもりはありません」というやり取りが続きました。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
当時、私は本気で小池さんのお父さんのことを書くのは悪いことではないと思っていました。なぜなら、比較できるレベルではないですが、私の父も破産して、うちの家族も一家離散して、ヤクザ者に追われたりしていたのですが、それは恥じることでしょうか? この悔しさがあるから、生きていけるのです。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
とはいえ、私は家庭の話や過去のことは子供の頃からずっと隠したいことがあったのも事実。小池さんの気持ちがわからないでもないのです。ただ、とても嫌だったのは、まともな血筋で育ってないと、すぐ「怪しい」と言う自民党の雰囲気が私は嫌いでした。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
私にとってものすごい胃の痛い取材でした。文春の優秀な記者チームが心配するんですよ、大丈夫ですか、と。連載一回目で小池さんから書くなと言われたお父様のことをどかーんと大きく書き、そして大臣室に乗り込んだのです。重たい気分で。で、この大臣室での小池さんとのやり取りは今も忘れられません



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
環境省の大臣室で小池さんは発売前の私の記事のゲラを手に持っていて、「まあまあ、本当に派手に書いてくれて」と苦笑していました。「すみません」と頭をかいていると、「で、連載2回目は私の何を書くの?」と聞いてきました。きたーと、ゲロを吐きそうになりました。私はこう言いました。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
「小池先生の男性遍歴全てを書くことになりました」。大臣、唖然。大臣の椅子に座っている人にそんなことを聞く人はいないでしょうから当然。失礼極まりないのです。ゲロ吐くくらい胃が痛いです。大臣室でゲロ吐いた人もいないでしょうから我慢しました。明らかに怒りを必死に我慢している表情です。




藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
雷が落ちるぞ!と思って、大臣の反応を見ていたら、こう言われました。「そういうのを書けって命じられたの?」「仕事ですから。先生、離婚されてますよね?」。こうしエジプトでの離婚を初めて語り、また議員になってから見合いをしていたことなど、聞けば、表情に怒りと冷静さを交差させながら答える



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
特に計算していたわけではありませんが、男女関係の話などプライベートのどうでもいいこと、他人に話したくないことを最初に根掘り葉掘り質問して聞いていくと、私にとっての本丸「権力」についての本音を語るハードルが下がったのです。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
権力について話を深めていくと本音が出てきました。「これをストレートに書かないで」と言いながら、初めて彼女の野心を本人の言葉で聞きました。「書かないで」と言ったのも権力地図の中で、これを私が書くと、自民党内の二世たちの嫉妬で自分がやられると知っているからです。


藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
インタビューは30分の予定でしたが、ゆうに倍の時間を超え、腹いっぱいになったところで小池さんが両手をパンパンと叩き、「終わったわよ!」と声を上げると、大臣室のドアが開いて、まるでドリフのコントのように官僚たちがなだれ込んできました。みんな、大臣に何かあったのかと慌てていたそうです。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
私は小池さんが自己演出を巧みにしていることも知ってますし、彼女ほどビジネス書を読みまくっている人はいません。ビジネスの世界にはこういう海千山千の人がいるのですが、政界は拒絶するんですね。小池研究なる連載を一言で言うならば「したたか」です。だから、連載の最後をこう締めくくりました。



藤吉雅春 Forbes JAPAN編集長
@fujiyoshimasa
〈「したたかですよね」と聞くと、こんな言葉が返ってきた。それは小池らしい答えだった。
「世界中の女性でしたたかでない人なんて、いませんよ。そもそもしたたかでない政治家なんて、政治をやめた方がいいと思う」〉
 この一言が彼女の本質だと思い、連載を2回で私は辞めたのでした。


女帝 小池百合子 (文春e-book)

女帝 小池百合子 (文春e-book)

「小池劇場」が日本を滅ぼす

「小池劇場」が日本を滅ぼす

  • 作者:有本 香
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: 単行本
小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017

小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017