INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

26日、ZST大会。佐野哲也vs平信一がメインイベント

f:id:gryphon:20200124015656j:plain
ZST67佐野哲也vs平信一



というか、メインイベント。

zst.jp


メインイベント第11試合 ZST特別ルール ライト級 5分2ラウンド ※肘あり
平信一綱島柔術) vs 佐野哲也(チームSOS)

このブログには2018年の記録が残っているけど…
m-dojo.hatenadiary.com

同記事には

最後のつもりで頑張ります。

のひとこともあるが、これは実際にも本人から聞いている。
社会人の転機や区切りは「年度」であることも多い。3月11日は、まさに2017年度も押し詰まった時期だ。
もちろん、スポーツ選手は怪我が慢性的だったりするので、たとえば”引退”したあとじっくり怪我を治すと現役最後より体調がよくなり強くなる、などのことは普通にあり、そういう時に「じゃあまたやってみるか」というのも、ごく普通の感情であり、現象である。
だから「のつもり」という不確定要素を残しているのだと思う。
ただ「のつもり」であっても、佐野選手が「最後のつもり」で戦うことは間違いない。


そんな、試合。東日本大震災から7年目の3月11日でもある。
時代は、いやおうなく、動く。


と、たいへんにエモい文章がつづられており、その後、一説には佐野選手のもとに「長い間の激闘お疲れさまでした」という、記念の贈り物が届いたとか届かないとかあるのだが、その2年後に日本で屈指の老舗団体になったZSTでふつーに総合ルールのメインイベントを貼っているとは、当時のだれが知ろうか。
しかし大仁田厚の記録がある以上、クレームのつけようがない。


それはそれとして。
試合のみどころ
公式メディアがとかでなく、手作り感満載で盛り上げていくサイドストーリー

blog.livedoor.jp
……ZSTアウトサイダーの対抗戦が組まれた2010年の「THE OUTSIDER 第13戦」で、私は初めてその選手を見ている。

しかしながら、その時の私はZST側の選手、ライダーや奥出雅之選手を応援しに行ったのであって、その選手に関しては、あくまでも濱岸正幸選手の対戦相手という認識しかなかった。

なぜ、その時の私には、躊躇しか無かったのか。

はたして理由を考える必要があるだろうか。

考えるまでもなく、私はその選手に対してビビッていた。なんせ、ワルの祭典「THE OUTSIDER」を代表する選手だ。間違いなくワルである。少なくとも普段はメガネをかけているから、視力的なものはワルであろう。そして大胸筋がでかい。なんなのだ、コレは。絶対、プロテインとかに合法的に手を出しているに違いない。デカくてワル。そんなの初期型「山のフドウ」じゃないか…

そういえば、フドウも一度鎧を封印して引退したが復帰したファイターである。

‥‥2019年。佐野選手は戦いの舞台に戻ってきた。そして、ZSTという場所を選んだ。…(略)。。自分の選手としての価値を高める事だけが目的であれば、ZST以外の選択肢もあったはずだ。

なぜZSTだったのか。そこに平信一選手がいたからだ。

平選手と藤巻選手との試合で、佐野選手は平選手の中に「意志力」の強さを見た。

もしかしたら佐野選手は、平選手に対し何らかのシンパシーを感じたかもしれない。或いは、ただただ単純に憧れたのかもしれない。

そして同時に、“この意志力の強い平信一という選手に、佐野哲也という選手をぶつけたらどうなるのか”と考えてしまったのではないだろうか。


なんだ!すごい因縁の、歴史的な試合に見えてきたぞ!!
www.youtube.com




しかしZSTも本当に長く続いている。

当初の矢野、所、今成らやリトアニア勢まで登場しての個性的で世界的なスケールからは縮小したけど、その縮小の結果、末永く続くシステムが構築できたんじゃないか、という気がする。そこで独自ルールによる発展あり、王者のメジャー団体出場あり、アマチュア発掘ありなのだから、実によくできているじゃないか。

昼にSWATがやる。


zst.jp


惜しいのは、以前からGAORAと縁があるせいか、これだけサンタクロースのように気前よく放送権をアレしているabemaTVとZSTは縁が無いことだ。
今回の試合も、abemaTVで配信されていればねえ……


もうひとつ この記者会見が(グダグダで)すごい!

www.youtube.com

「やっぱり…自分の…もう…信じた…実力で…もう、そこはもう、真っ直ぐに…もう…もうしかめて(?)行くしかないと思うんで…とにかく…もう自分であるライダーに分かっているのは…もう、あきらめずに…もう進むしかないと……」
要約するなら、「これからもライダーは全力で頑張るので、よろしく頼むぞ!」という事なのであろうが、恐ろしいまでに言葉に詰まるライダー。そして結局、話を纏めきれなくなったか、

「…もう進むしかないと……ハイ!」

(略)

「今回は無事に…もう、試合にもう、勝ったら勢いを…よく…止まらずにして…もう、行きたいと思うんで…とにかく…まずは…ズ、ZSTの…チャンピオンを…なる事が目的だと思います。しかし…まだ…まだ強い選手もいっぱいいるんですけど、とにかく自分が勝たなければ…何もできないんで…そこは、あくまで…ライダーとしての…勝つ事が…目標なので………以上です」
blog.livedoor.jp

「ウェイクアップ…ちょ…怪人として!!」

ここで周囲から、それ、ウェイトアップじゃね?」という、ささやかなツッコミが入る。