INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

MMAでもまれな「4度目の対決」…啓之輔vs佐野哲也、3月11日のアウサイで



前世の因縁でもあるのだろうか。
4回にわたってMMAの試合を戦った相手…3回だとノゲイラvsヒョードル桜庭和志vsヴァンダレイ・シウバとかがおもいつくけど4回ね…無いとは言わないけど、ちょっと思いつかないなあ。
なんにせよ、初期アウサイで、もともとは「不良ども来たれ」と、不良同士の戦い、がコンセプトだったアウサイに、堀鉄平弁護士とともに「不良vs非不良」という新アングルを定着させ「不良って、喧嘩自慢の腕っぷしが自慢なんでしょ?ちょっと技術をきちんと学んだだけの、ふつーの社会人に負けたら、それって恥ずかしいよね?」的な煽りを、言外にも感じさせるような雰囲気を漂わせることで、アウサイを大きく盛り上げたし、またそれに対応するには結局不良側もテクニックを磨くしかないから、より本格的になっていった、という感じもある。


最初の試合から何年目だっけ。
アウサイも、啓之輔も、佐野もすべて、年を経て変化が生まれた。当然のことながら。

『3.11アウトサイダー ディファ有明大会「佐野vs吉永4」』⇒ https://ameblo.jp/swimmingeye/entry-12352351511.html

同じ人間と4度も試合する必要があるのかないのか。


求められてるのは「あの時のもの」であるのは分かっています。


でも、
「だったらyoutubeに上がってるからそれ観たら?」
と返します。


僕は僕のために勝つべく全力を尽くします。

求められてる過去なんかじゃあなく、どうなるか分からない未来を自分でどうにか切り開きます。

同記事には

最後のつもりで頑張ります。

のひとこともあるが、これは実際にも本人から聞いている。
社会人の転機や区切りは「年度」であることも多い。3月11日は、まさに2017年度も押し詰まった時期だ。
もちろん、スポーツ選手は怪我が慢性的だったりするので、たとえば”引退”したあとじっくり怪我を治すと現役最後より体調がよくなり強くなる、などのことは普通にあり、そういう時に「じゃあまたやってみるか」というのも、ごく普通の感情であり、現象である。
だから「のつもり」という不確定要素を残しているのだと思う。
ただ「のつもり」であっても、佐野選手が「最後のつもり」で戦うことは間違いない。


そんな、試合。東日本大震災から7年目の3月11日でもある。
時代は、いやおうなく、動く。