INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「『結婚式』妨害」「アルコール検査ボイコット」…JR労組の闇描く「トラジャ」、武田砂鉄氏が朝日で書評

m-dojo.hatenadiary.com
で紹介した「トラジャ」。

「人殺しの組合にはいられない」(本文より)

JR東日本労組「3万5000人大量脱退」、「JR革マル」対「党革マル」の「内ゲバ」、北海道の社長2人と組合員の相次ぐ「謎の死」の真相とは。
事態の裏側で、いったい何が起きていたのか。
マングローブ』を凌ぐ、衝撃の超弩級ノンフィクション!

◆「トラジャ」とは?
1インドネシアスラウェシ島の中央や西南の山岳地帯に暮らすマレー系の先住・少数民族の名称。現地の言葉で〈高地の人々〉を意味する。
2旧国鉄労働組合動労」「国労」出身の有能な革マル派同盟員で、分割・民営化前後に『職業革命家』として革マル派党中央に送り込まれたメンバーに名付けられた名称。同派傘下のJRのみならず、教職員、郵政等各産別労組の指導にもあたっている。<内容紹介>
週刊東洋経済』の短期集中連載「JR 歪んだ労使関係」(3回)を、追加取材の上、大幅加筆し単行本化。
講談社ノンフィクション賞を受賞した前著『マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実』(07年)以後を描く。
テーマはJR東日本JR北海道、さらにはJR貨物の三社の国鉄分割民営化から今日までの労使関係を中心にした経営問題。
それに加えて、『マングローブ』執筆時に判明していなかった、知られざる革マル派非公然部隊の動きや、党革マルVSJR革マルとの暗闘劇を描く。
またJR東労組の大量脱退問題は、会社に対する敗北だけでなく、組合という存在自体に嫌悪感やアレルギーを持っている「当世社員(組合員)気質」への敗北でもあると位置づける。その上で今回の大量脱退は、戦闘的国鉄・JR労働運動の終焉を意味していると結論づける。

内容(「BOOK」データベースより)
JR東日本労組「3万5000人」大量脱退、JR北海道の社長2人と組合員の相次ぐ謎の死、「JR革マル」対「党革マル」の内ゲバ、事態の裏側で、いったい何が起きていたのか。『マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実』を遥かに凌ぐ、ノンフィクション!

講談社ノンフィクション賞を受賞した、これの続篇。

マングローブ―テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実

マングローブ―テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実



それの書評が朝日新聞に載ってた

book.asahi.com
……ある駅では停車中の車両の車輪止めが外され、ある列車からは発車ベルが奪われた。同時期に発生した不審事象は、五〇件近い。「JR東労組(組合員)ニアラザレバ(JR東日本)社員ニアラズ」、漂白されていく組織の中で、悪しき風土を保持しようとする者とは一体誰なのか。
 同テーマに迫った前著『マングローブ』から一二年、乗客の安全さえ脅しに用い、事故を誘発するようにしかけ、幹部を拉致するなどの戦闘的な労働運動は、なぜ息を絶やしたのか。崩壊に至るまでの組織の軋みを、舐めずるような取材で明らかにする。
 同時に追いかけるのが、JR北海道で起きた、社長経験者二名、そして組合員の相次ぐ死。その前後に発生した脱線事故やデータ改ざん。「『結婚式』を妨害する方法」「アルコール検査をボイコット」……こうして、いくつか見出しを拾うだけでも事の異様性が伝わるだろう。「東日本」では消えつつある異様な労使関係が、「北海道」には残存していた…

朝日の書評欄、有料記事と無料記事の境目が分からん。「読書好日」という別サイトになっているらしいが…
book.asahi.com