INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

椎名高志先生「銀英伝」をSiriに読ませて再読了。「ユリアン・ミンツ史観」という造語にウケる(笑)…そこから色々考える







しみじみと思うのは時代性。椎名高志氏といえば、1980年代後半に彗星のごとく登場し、「突然あらわれてほとんど名人」(山本夏彦向田邦子を評したことば)といった完成度を誇った人で…で、プロ漫画家って、プロ野球選手とか大相撲力士がそうであるように、どんな世代でもなんとなく年上のような感じがある。だが、銀英伝をおもいっきりファン目線で語っている光景を見ると、ああ、80年代後半に漫画家としてスタートして、そして一貫して「SF回り」にいたこの人にとっての銀河英雄伝説は、そういう作品なんだな、とあらためて感じたのでした。

ユリアン・ミンツ史観」

ユリアン・ミンツ史観 または私は如何に心配するのを止めて民主主義を愛するようになったか - Togetter https://togetter.com/li/874241


が、まぁ受けたのは名誉なことだ。別に自分はその用語が生まれるときには関係してないけど、それこそ「その周囲」には、前からいたとは思うからね。


ただ、もとはシャーロック・ホームズを論じたシャーロキアンがいくらでもやってたことの後追いのようなものではある。
ホームズも「モリアーティの犯罪組織はコカイン中毒のホームズの妄想説」やら「実際に事件を解決してたのはワトソン」説とか「金に困ったワトソンが(後期は)ホームズの活躍をでっちあげた説」「『空き家の冒険』以降のホームズは別人説」やら枚挙に暇がない。
そして、できる限りは原典の記述と矛盾がないように、あるいは原典そのものに元々矛盾があるのに、その矛盾までもきれいに説明する説明ができるよう競ったところも似ている。
(旧作アニメの銀英伝も、オリジナル描写を入れるときは「原典には書かれていないだけで、そういうサイドストーリーや設定があってもおかしくないだろう」という描写に限定、原作にまったく反したものは極力作らなかったという)

ちなみに
もともとの言葉の造語者?が

といってるところも、ある意味ホームズに似ている(笑)
んでもって、椎名高志氏は日本の漫画史の中でも有数のクオリティと言えるシャーロック・ホームズパスティッシュ的作品を描いている(自分の既存キャラとうまく絡ませているところも泣かす)のだから、話がきれいにつながるのでした。
 
戦場で受けた古傷があったんだが…肩だったか脚だったかもうわからんよ!?
このセリフに歓喜する、涙を流す、膝を打つシャーロキアンは山のようにいたであろう、である

椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス)

椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス)

ユリアン・ミンツ史観」まとめはこれをきっかけに再読もされるだろうけど、自分がその時ブコメに残した言葉はそのまんま生きるだろう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/266103577/comment/gryphon
タナウツ古参兵から申し上げるが、こういう偽史や伝奇的解釈ができるまでに、銀英伝という架空歴史が偉大だということですぞ。個人的には例えば創竜伝とか薬師寺涼子とかで正直こんな考察する気にならんもん。

英伝異説異伝のデータベース化を

ただ、シャーロック・ホームズシャーロキアンに少しまだ学び足りないのは、そちらのほうは曲がりなりに「学会」があって、先行者の論文、というのも変だが、各種の異説異伝が「こういう説がある」と、ある程度たどれるようになっているんだよね。そして、それは商業ベースの問題と、原典の著作権の問題があるからしょうがないけど(笑)ホームズ研究はそれなりに書としてまとまっている。
二次創作者は、ある程度それをデータベース、もとにして、そこから想像を一歩、二歩と拡大させていくことができる。


ユリアン・ミンツ史観」
でも
「トリューニヒト、実は偉大な政治家説」http://www.tanautsu.net/the-best01_02_01_ac.html
でも
「フリードリヒ四世賢帝説」https://togetter.com/li/1222401
でも
「リヒテンラーデ侯研究」https://togetter.com/li/1034442

でも、この種の異説異伝を、過去の類似のアイデアにアクセスしやすく、そこから体系化し得るところがあればいいんですけどね。


きのうブクマが多くて、そこ経由で読んだのが

コナン分裂希望が本当に無理 https://anond.hatelabo.jp/20180508124604

だったけど、これも「もしコナン君が(工藤新一君と)分裂して2人になったら」という”異説異伝”が、1人2人のアイデアじゃなくて、どこかで大きなクラスタで共有されてるんだよね。それはうらやましいな、と思いました。