INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

久米田康治の畑健二郎(弟子)イジり漫画が『プロレス』と称され「四天王時代の全日の、な…」とつぶやいた話。/そしてインタビュー集「告白」で、あのレスラーの…

久米田康治が元弟子・畑健二郎の新連載で掲載した”特別読切”が『トニカクヤバイ』〜「ガチ」「久米田砲」「流れ弾ひどい」「でも結婚で無効化された」 - Togetter https://togetter.com/li/1200626





自分でまとめて、自分でそれにリンクしてブログ記事を書く親切設計だが、そのまとめの冒頭に、こうコメントした。

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 20時間前
【プロレス話】実はこの作品、冒頭のハシラのところにも「久米田先生と畑先生のプロレスをお楽しみください」(※大意)とか実際に書いてあったけど…ホントに「全日四天王時代のプロレス」だと思ったわ。相互不信で”マジで仕掛けてきたシュート試合”というより、実は相互に信頼して「何でもやってこい!俺も何でもやるぞ!その結果何があっても、恨みっこ無し!」という感じで、そのうえでものすごい大技を仕掛けるような…(それがシュート以上に危険な面がある所も似てる…)

まとめ本文中にも同じ比喩を使った。

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-02-18 06:34:18


きのう、久米田康治の「(元弟子でもある)畑健二郎の新連載お祝い?マンガ」読んだんだよ。
ビビった…
エッセイ漫画で、業界事情やマンガのベタなパターン、お約束に振れるのは、もう当たり前になってきたけど、その踏み込み方が…読者が「もう、やめてくれ」な世界(続く)
twitter.com/SundayWebry/st…


木多康昭って、そこに踏み込むシュートだろ?だが今回の久米田「どっちがNo1か教えてやるか」的にさらに踏み込んだ。俺の判定では久米田が一歩リード(笑)
いや、シュートつうより…実は三沢vs小橋を思い出した
「何をやっても恨まない」という相互信頼の元、脳天から落とす的な…トニカクスゴイ

久米田康治先生が「お祝いマンガ」で触ったネタ
・読者層の高齢化
リア充と非リア充が読む雑誌は違う(具体名出すな!)
・前作の読者が、同じ作者の新作を読むとは限らない
・新作のてこ入れで前作キャラが出てくる(赤松健をほのめかすな!)
・或いは「2」始まる(「MAJOR」の前作の名を出すな!)
こち亀(出すなよ!)

これらはあくまでも比喩だけど、
ただ、この比喩を書くとき、一種重い感情も頭をよぎる(それでも書くけど)。
われわれは、その結末を知っているから


ただ、最近出た別の本に、あるインタビューが載った。

●平成プロレス10大事件⑩ 三沢光晴がリング上で非業の死

秋山準
死の恐怖があった“四天王プロレス

齋藤彰俊
「三沢社長は万が一を考え対戦相手への手紙を残していた」


手紙・・・・・・・詳細には、まだ敢えて触れない。
今後、ここで語ることもあるだろう。