INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

無料で読める「コンプリート・ホームズ」がにわかに話題になって思ったこと(togetterのコメント欄より)

あまりにも有名っつーか、すくなくともここでは何度もごくフツーに紹介・引用している
「コンプリート・シャーロック・ホームズ
http://www.221b.jp/

が、にわかに話題になった。

有志が翻訳したため著作権に抵触しないシャーロック・ホームズ全集が無料で公開中 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1135691


これに関して、自分がコメント欄をお借りして書いたこと考えたことを、転載。

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 4時間前
ずっと便利にhttp://www.221b.jp/を使わせていただき、説明不要、紹介不要のように思ってしまってたけど、新しい人も多いのだし、何度でも繰り返し紹介すべきではあったね。過去の自分のホームズ関連まとめから、あらためてリンクを張っておいた。
 
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 4時間前
こういう活動には満腔の謝意と敬意を持つけど、是非とは別(いや、是だけど)の事実判断としては、やっぱり『無料をもって有料を包囲する』ということはあって、ここに無料で読める全訳があることは、商業的に売られている翻訳ホームズ書籍の売り上げを減らす結果にはつながっていると思うんですよね。それでもなお、このサイトはそんなこととは無関係にすばらしく、存在価値の高いものであると思います。末永く続き、読まれていってほしいものです。
 
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 4時間前
古いホームズ翻訳で、著作権が終了したものとしては亜細亜の曙」などの著書でも知られる山中峯太郎の翻訳作品が2015年で権利満了しましたが、青空文庫にもまだ山中の作品自体が、一本しか掲載なし http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1889.html というか、彼のホームズはめちゃ奔放な訳らしいですよね(笑)/延原謙氏は1977年没か…
 
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 4時間前
自分はコナン・ドイルの、ホームズに負けない傑作「勇将ジェラール」を翻訳して同じように無料一般公開したいという望みを持っているのだけど、http://www.gutenberg.org/ebooks/11247 英語ができないという理由で断念してる。一度グーグル翻訳してみたことはあるけど…( ※ http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20161116/p1の話。グーグル翻訳の精度向上!を検証する記事の一部として)

 
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 7分前
これは全訳になってるんだっけかな?ネットで読める『ロビンソン・クルーソー』の訳もあるみたいだぞ、とこの機会に紹介しておく。 http://haruuo.blogspot.jp/


ちなみに、無料ホームズによって商業ホームズ翻訳がダメージを受けるのでは?との懸念にはこんな声もあった。

じーさん @GAS474 34分前
gryphonjapan  ネットで見られるようになり地図が売れなくなった、とあるように無料作品による売上減少を危惧する声はあります。  (不調の紙地図 朝日新聞より http://www.asahi.com/articles/ASK6V4JMLK6VULFA00X.html ) (地図元売破産申請 M&Aタイムスより http://ma-times.jp/49189.htm )
 
じーさん @GAS474 26分前
gryphonjapan  出版不況という全般的な低調傾向はありますが、無料作品に対する懸念はそれ程大きくないように思います。 理由として1)公共図書館による無償提供の影響は極めて限定的 2)いらすとや青空文庫の参入の影響は限定的 3)翻訳・翻案などにより付加価値を付けられる。 といった報告があります。 (出版指標年報、出版ニュース日本出版学会日本図書館協会などより)
 
じーさん @GAS474 19分前
gryphonjapan  例えば、「桃太郎」や「シンデレラ」のような昔話はネット上では無料で見られますが、今でも多数の本が出版されています。 挿絵などの追加や対象読者層に応じた翻訳・翻案によって出典元を同じくしても出来は異なります。 事実、地図そのもの売上減少に対して、価値を付加した旅行ガイドの売上増加という報もあります。 (旅行ガイド本の販売が好調 https://www.nna.jp/news/show/1627094 )(出版指標年報2015 P84)