INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

『各社の論調が、その社が行う世論調査の数字に影響を与える』という論は、一応専門家(菅原琢氏ら)が否定している(肯定論も多少ある)

はてなダイアリー「人気記事」経由で

産経・FNN世論調査の結果が他の世論調査結果と傾向が違ってる件 - 誰かの妄想・はてな版 (id:scopedog) http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20170320/1490024537

ここでの結論的な文章が

まあ、森友関連の産経報道では、なぜか自民党そっちのけで民進党が攻撃されていたりしますし、そんな新聞読んでる人たちの回答率が良いと仮定するとこういう結果になるのかも知れませんねぇ・・・

となっている。
これについては過去に書いていたので、ブクマでも伝えたが、リンク記事でも抜粋しておきたい。

 内閣支持率が新聞ごとに違うのは、新聞の論調によって回答拒否(あるいは迎合回答)が発生するからだ、という説について http://blog.livedoor.jp/sgt/archives/51783467.html
「新聞社の論調が数字に影響?」「携帯電話の未調査は結果を歪める?」―政治学者・菅原琢氏が、世論調査への問いに答える - Togetterまとめ https://togetter.com/li/876385
「新聞世論調査はその新聞論調を嫌う人の協力拒否で各紙バラつく」説を、菅原琢氏が否定 -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100924/p4


これが総合的なリンク集にもなっているまとめ。
今ではネットから消えた新聞記事も、だいぶ保存しているよ。

世論調査結果が、各社によって差が出ることについての資料集 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140907/p2


実は自分も、こういう菅原氏らの論考を読みながらも「うーんでもやっぱり、論調に賛同する人がその社のアンケートに答え、反対な人はガチャ切りして、数字に影響を与えるんとちゃうかな」という疑問は完全に払しょくされてないので、気持ちはようわかるのね。一部の研究者も、完全否定しているわけではないし。

ただまあ、菅原琢氏を中心に否定しているということ。

あと、当初のリンク先記事でいえば、「これ、そもそも日テレの内閣支持率減少が、不自然に突出してるんと違うん?」ということもあり。
ブクマでもそれに近いこと言ってる人いますね
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/scopedog/20170320/1490024537