INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

本日もtogetterの2本紹介(作成)でご勘弁を。一つは星新一、一つは藤子・F・不二雄絡み

本日は記事をかこうと思ってたんだけどなー。

目の前のツイートにほいほいと興味深いのがあったら食いついちゃうから、その結果時間と労力を費やしてしまうのだ。
しかし、両方ともけっこう興味深いものになったと思うよ。

星新一作品が「予言」のようになった話あれこれ - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1088320


歴史・神話・民俗調査で、語り手の「空気を読む」「サービス」で混乱する…って話から藤子・F・不二雄のとある短編について【注意:半ネタバレあり】 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1088373

ただ、どっちもいつか記事をかかなきゃなー、と思ってたコンセプトだったんだよな(笑)
ある意味、手を抜いてしまった。


とくに「ニューイヤー星調査行」は、面白いんだけど、あの研究過程の誤解を放置していたら「パラダイムを返還する一大センセーションな学説」になっちゃうわけで、それをいくら担当者が醒めた感覚の持ち主でも「だれも再調査なんかしないだろうから、老学者の誤解を訂正する必要は無い」とするのはちょっとストーリー上の矛盾に感じるのです。


そして、お話としても、たしかに上のtogetterにあるように「民俗学調査あるある」な話で、それをSF短編のネタにし得ると考えた藤子・F・不二雄氏は慧眼だけども、お話としてはその分、平坦で「落ち」があるようで、実はない…とも感じられないか??

SF短編のなかでも屈指に好きな作品だし「民俗学・人類学調査の風景を、SFを舞台にして再現しました」という点ではやっぱり面白いのだけど、もやもやとしたアンビバレンツな思いが残る作品です。

そんな話をいつか記事で書こうと思ってたのですけど、今回、この機に。

少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)

少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫)

少年SF短編集 (2) (小学館コロコロ文庫)

少年SF短編集 (2) (小学館コロコロ文庫)