INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「兵頭正俊」さんって、どんな人なんだろう?フォロワー3万人。『最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる』

「どんな人」て、自分で書いている。

兵頭ってどんな人? http://m-hyodo.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-2fe5.html

(略)
わたしは処女作で末川文学賞をとり、第2作で芥川賞をとるつもりでした。それで第2作の「霙の降る情景」は『文學界』新人賞に応募し、実際、中間発表に残ったのですが、それを知った立命全共闘の書記長から、
 「もう賞はいいから。それより発表することだ」
 と婉曲にたしなめられ、そういえば全共闘を書きながら賞を求めるのはヘンなことだと思い、その後は寄稿者に原稿料も払わない吉本隆明の『試行』の姿勢が気に入って、『試行』で作品を発表していくことになります。


 全共闘に影響を受けた青春は、大学を出ると同時に生き方を変えて、世の中に迎合して生きた、といったニュアンスの発言を、当時の大学教師がしています。
 かれらは警察権力を呼んで教え子を大学から追放した過去を正当化したいのです。しかし、かれらに大学を追われた後も、全共闘は個人の生き様のなかに、様々なかたちで立派に生き続けたのです。テレビに出たり、本を出すことだけが、人生の表現のすべてではありませんからね。

 大学院闘争委員会のレポート提出拒否闘争に賛成して大学院を中退した後、東京の中学校を振り出しに、神戸で高校教師をやりました。国語の教師でした。

(略)