INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

松本健一氏逝去、で思いだしたこと

訃報に際し、お悔やみをもうしあげます。
こういうまとめを、twitterから抽出させて頂きました。

松本健一氏逝去〜その反響 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/751252

ここにも収録しているからちょっと重複になりますが、氏の逝去について思ったこと、著書の思い出話をtwitterから転載します。

gryphonjapan @gryphonjapan 2014-11-29 08:41:36
松本健一氏の訃報に接し、過去の著作紹介文章を。当時はラノベについてよく分かっちゃいなかったけど、多少学んだ今は「河井継之助小林虎三郎をSFラノベに変換可能」論はやはり正しいと思う(笑)

米百俵」のモデル小林虎三郎河井継之助戊辰戦争140年(完全版・1エントリにまとめました) -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080409/p4

松本健一氏が小林虎三郎伝を書いたときにタイトルに引用した、虎三郎の漢詩

われに万古の心あり―幕末藩士 小林虎三郎

われに万古の心あり―幕末藩士 小林虎三郎

天に万古の月あり
我に万古の心あり
清夜高楼の上
欄によっていささか襟を開く
天上万古の月
我が万古の心を照らす


自分は松本健一、若い頃に集中乱読したため個々の書籍のイメージが溶け込んでいるな(笑)。大学に彼の本が相当マイナーなものまで含めてあった。やはり昭和初期の超国家主義者を「反体制」「革命」的な視点を加味して読み替えたのが秀逸であった。といっても実証性や客観性というより圧倒的に「ロマンチックさ」を優先させていたっぽい、というのは素人の読者からでも感じられた(笑)。

だから彼の作品、ジャーナリズムやアカデミズムに負けないほどサブカル・フィクション方面に影響を与えたんじゃないかなあ。北一輝なんて、司馬遼太郎新撰組同様、史実以上に「松本健一が読み替えた北一輝像」から派生したイメージのほうが人口に膾炙しているっぽいよね(笑)。村上もとか「龍」とか。それでいい…というのはちょっと生々しい対称だけど、いい悪いというよりもはや「どうしようもない」(笑)という感じだ。
間もなく、文庫?が出る予定だったんだね


大川周明は北と対比されつつマイナーだが「大川周明ー100年の日本とアジア」はそのぶん冷静で読み応えがありすごく面白かった記憶がある。「パトリオットナショナリスト」を使い分け対比させるのは彼オリジナルでないかもしれんけど、自分は氏のこの本で知ったかな?

大川周明 (岩波現代文庫)

大川周明 (岩波現代文庫)

頭山満の評伝「雲に立つ」も面白かったな。豪快な人格的魅力で思想的矛盾を覆い隠してしまう、というのは、論理としてははっきり弱点だが、面白いのはまちがいないもんな。

雲に立つ―頭山満の「場所」

雲に立つ―頭山満の「場所」

現在小林よしのり氏が連載中の「ゴー宣大東亜論」もかなり元ネタにしてるっぽい。(続く)

頭山満玄洋社の中で孤立した時を踏まえた教え
「一人でいても寂しくない男になれ」
というのはその小林よしのり漫画でもピックアップされている。
その小林氏がかつて関わった「つくる会」に誘われた松本氏は、この言葉を引いて合流を断ったのだった。


司馬遼太郎と親交があって「白旗伝説」(この本の議論の信憑性はどこまでだろう…)

白旗伝説 (講談社学術文庫 (1328))

白旗伝説 (講談社学術文庫 (1328))

などにもアドバイスをもらったり、追悼の評論本を書いたり司馬遼太郎賞を受賞した人だが、「司馬さんが取り上げない人物をなぜか自然と書いている」と言ってた。小林虎三郎もこの典型なんだよな。「峠」への対比。
gryphonjapan @gryphonjapan 2014-11-29 09:25:17
最後に。d.hatena.ne.jp/gryphon/200903…で紹介した「アメリカ合衆国皇帝ジョシュア・ノートン」なる人物を知ったのも松本健一氏の著作(「昭和最後の日々」)。ちょっとした短文コラムでの紹介で偶然みたいなものだが、それだけでも恩がある。安らかなれ。
昭和最後の日々

昭和最後の日々

アメリカ合衆国皇帝およびメキシコ護国卿」ジョシュア・ノートン一世陛下が突発的に話題になって非常に嬉しい -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090309/p3

23日の浅羽通明講演会で「追悼・松本健一」というテーマをやってくれるようリクエストしました。

************************

・日時:12月23日(火・祝) 14時開場・14時半開始・17時45分終了
・場所:KKベストセラーズ本社ビル2階第一会議室

************************
1.ご質問を募集します
2.ご質問を受け、中心テーマを決定します
3.正式にご案内し、お申込みの受付を開始します

昨日の夜、こういうメールを出しました。

【質問(要望)】
・まことに残念ながら、本日松本健一氏の訃報に接することになりました。まだ68歳。
浅羽さんの「ニセ学生マニュアル」にも、またほかの著作にもいろいろ言及があった方です。
「追悼 松本健一 〜氏の業績、思想を浅羽流に振り返る」をリクエストいたします。