INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

北朝鮮のカネはどこから来て、どこへ行くのか…NHKスぺシャルが追う

NHKで本日。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0413/index.html
2014年4月13日(日)
午後9時00分〜9時49分
 
世界に衝撃を与えた北朝鮮でのチャン・ソンテク氏の粛清。キム・ジョンウン第1書記の叔父でありながら、なぜ死刑に処せられるという前代未聞の事態に追い込まれたのか。背景には、最高指導部が権力を維持するための資金、「統治資金」を巡る激しい争いがあった。
北朝鮮には、社会主義に基づく計画経済とは別に、内実が闇に包まれたもう1つの経済システムが存在する。北朝鮮から逃れた人たちは、それを「宮廷経済」と呼ぶ。「宮廷経済」では、朝鮮労働党や軍の傘下にある企業、さらには外交官たちが、世界中で手掛ける合法・非合法のビジネスで外貨を獲得し、最高指導者に収める。その外貨が「統治資金」だ。指導者は、その資金で外国製の高級車や時計、ワインなどのぜいたく品を調達して、部下にプレゼントとして贈る。そうした独特の資金の還流は、忠誠心の維持のために欠かせないシステムとなっている。チャン氏は、「統治資金」の元となる外貨を自らのもとに集め、管理する「小王国」を構築し始めたとして処刑されたのだ。
今も様々な手段で「統治資金」を得ようとする北朝鮮。一方、国際社会は制裁措置を科し、その資金獲得とぜいたく品の調達を阻止しようと監視の網を縮めつつある。番組では、世界各地で進めた取材をもとに、秘密のベールに包まれてきた北朝鮮の「統治資金」の実態を追う。

そのカネに日本のお金持ちたちのアサリ輸入や紳士服の合弁会社、さらには勲章欲しさへの献金があったことも忘れちゃならんね。
まあ、モランボン創業者のことですが。

創業者のひとりである全演植(ジョン・ヨンシク)は…朝鮮商工人として初めて朝鮮総連副議長に選出され、日本にいながら北朝鮮最高人民会議議員
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3


そして、そこでイベントなどを仕掛けて一儲けしようとした山師たちも多い。

ちなみにこの時、モランボンを当てにしていたのにカネをださなかったそうだ(笑)

まさかこんなイベントを仕掛けたがる山師が、国会議員とかになってないだろうな?
※上の作品は、原田久仁信氏が描いた「プロレス夢十夜」です

劇画 プロレス夢十夜

劇画 プロレス夢十夜

プロレスファン必見! の劇画+インタビュー・秘話

●A猪木「50周年」裏伝説
デビュー50周年に合わせたスキャンダルの半世紀。活字でヒストリーをまとめ、劇画は猪木の最近のスキャンダル「イノキボンバイエ騒動」の裏舞台を描く
大森隆男「箱舟に乗らなかった男」
09年にプロレス界から事実上引退し、金沢で旅館業を営む。三沢率いるノアから唯一背を向けた男の回想録
ターザン山本夢十夜」…「週刊プロレス
伝説と破綻した私生活、ジャイアント馬にまつわるスキャンダル
片山明…「フェニックス伝説」
92年、不慮の事故で車イス生活を送る元プロレスラーの苦闘の人生
●ゴマシオ…「100年の孤独」ナイガイタイムス「破産」の真相
平壌の冷たい夏、95年「平和の祭典」 ほか