INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

憲法「『結社の自由』は入らない自由も含む。だからPTA強制加入は違憲」(朝日新聞)

目の前にたまった「紹介したい新聞記事切り抜き」を少しでも減らさないとあかんので紹介する・・・たぶん、4、5日前の朝日新聞
憲法学者の木村草太氏の寄稿。
あ、本人のブログあったです
http://blog.goo.ne.jp/kimkimlr/e/d8c31b470533b4037d8836c747371884

お知らせでございます。
いろいろありまして、朝日新聞様に寄稿させていただきました。

テーマは、PTAと結社の自由です。

PTAというのは、本来、保護者と教員が任意に形成する自由な団体なわけですが、
自動加入、強制加入の運用がなされているところも少なくない。

こうした現状をかえていこうという動きがある。

朝日新聞様では、こうした特集が何度か組まれ大きな反響があったとのことです。

わたくしもこの流れを受けて、
法律家、憲法学者として、この問題をどう考えるべきか、
ということを書かせていただきました。

憲法学や自由権というのが、意外と日頃の生活に深くかかわっている
ということがわかる問題なのではないか、と・・・(略)

残念!!記事本文は会員のみ!!
http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201304230010.html
俺流の要約と引用

憲法21条は「結社の自由」を保障する。この自由には、自由に団体を作ってよいという「結社する自由」と同時に、自分の望まない団体には入らなくていいという「結社しない自由」があることを忘れてはならない。つまりPTAなどの団体はその主意氏に賛同する人が自由に結成するものであり(結社する自由)、望まない人に加入を強制してはならない(結社しない自由)というのが憲法上の大原則となる

弁護士会健康保険組合のような、法律根拠があってはじめて強制加入となる。
・PTAは独立団体なので、学校からPTAに在校生や保護者の名簿などを提供するのも個人情報保護違反。
・強制徴収の会費でプレゼントをくばったり、労役を強制するのは不法行為として損害賠償を請求される危険性もある。


まったく新しい視点なので、反対論があるかはわからないが面白かった。