INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

クロマグロ完全養殖への軌跡と奇跡(新聞書評欄より・その7)

http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/index.html

究極のクロマグロ完全養殖物語

究極のクロマグロ完全養殖物語

…マグロの幼魚は、人が手でさわると、そこから腐って死んでしまう。網に触れても同じである。やっと育ったと思うと大量死。…(略)…なぜ沈んで死んだのか、浮いて死んでいるのか。読む者は、著者を中心とする研究者たちの、失敗に学ぶ謎解きに加わっていく。

 沈降死には塩分濃度を上げればよい。浮上死対策はエアレーターで水を循環させる。稚魚が共食いをはじめる。イシダイの孵化仔魚(しぎょ)を入れて防ぐ。せっかく成魚になり、卵を産んだのに産まなくなる……二〇〇二年完全養殖成功−−三十二年という長い苦闘の結果である。

 二〇〇四年初出荷されたクロマグロは、一メートル、二〇キロの二歳魚、三尾で、阪急百貨店でも好評である。色は良く、大トロ三〇%、中トロ六〇%、赤身一〇%、天然ものをはるかにしのぐ……

んまそう。
養殖の魚のほうが味がいい、という例は「築地魚河岸三代目」でブリやトラフグに関して出ていました。

築地魚河岸三代目 (12) (ビッグコミックス)

築地魚河岸三代目 (12) (ビッグコミックス)

「▼第6~8話/祝いのブリ(前・中・後編)」
 
築地魚河岸三代目 20 (ビッグコミックス)

築地魚河岸三代目 20 (ビッグコミックス)

「山のトラフグ  上物の天然と間違えるほどの養殖フグ、どう育てるかみるために英二と三代目は愛媛県宇和島へ・・・ 」